2017年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年11月17日(土)

薪ストーブ(または暖炉)のススメ

昨日の記事でもしかしたら誤解を生んでしまったかもしれないと思いましてはっきり書きます。

私、薪ストーブや暖炉の火、好きですよ。
この薪の燃えるにおいが私の家から見える小さな谷間にいっぱいになって我が家に流れてきて、そのにおいがすると「ああ、冬が来た」ってなんだかほっこりした気持ちになります。

しかもこの暖炉や薪ストーブは調理もできるし水を鉄瓶にでも入れてストーブの上に置けば加湿器にもなる優れものです。

家族みんなが火を囲んで集まる、そして食事を一緒にする、そんな感じがすきなんです。

dannro.jpg
プロパンガスのストーブ。なぜプロパンかというとうちのソーラーシステムでは電気ストーブは無理なのでガス。

我が家も今でこそプロパンヒーターがありますが以前はキャンプしていたようなものだったので冬になるとよく火をおこして焚き火をしたり鉄製のストーブに火をくべて一晩中燃やしておいたりしたものです。

この鉄製の薪ストーブはストーブのまわりに半径2mくらいの空間が必要です。
家が狭いので買うのを断念しましたがまたいつか広い家を建てれたら欲しいなあと思っています。

暖炉が大気汚染になると主張する方の考えもわかりますが、私なりに「なぜ暖炉が良い考えなのか?」という申し開きを考えてみました。

まずはmimiさんが「なんで古い木ばかりだとだめなの?」という質問をしてくださったので私なりにお答えします。


スポンサーサイト
17:56  |  開拓  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

2007年10月05日(金)

電気水道電話線なし~堂々完結~

「電気水道電話線なし」シリーズも暫定最終回となりました。
これからもちょくちょくそのことは書くかもしれませんがとりあえずまとめ。

電気がなければ今の時代本当に生きていくのは大変ですが電気を作るのは簡単です。
発電機とソーラーパネルを組み合わせれば町とまったく同じように電気を使うことができます。

電気があればインターネットが使えます。
インターネットは「衛星」があります。

電話線はなかったら携帯、携帯の電波が届かなかったらファームライン(前回の記事参照)、ファームラインも無理だったらインターネット電話、あるいは衛星電話という手もあります。
衛星電話は大変高価で一般の人にはちょっと無理かもしれません。
でも「可能」で「やろうと思えば出来」ます。

これから田舎に住みたいと思っている人もそうでない人も知っていると役に立つかもしれないことは

水だけはどーにもならないことを覚えておいてください。

つまりですね、もし市の水道が来ていないような山奥に住むならばたくさん水のあるところを選ぶことをお勧めします。

あるいは将来は農園・農場を買って犬でもたくさん飼いたいと思っている方、水がたくさんあるところを選んでくださいね。

水というのはまあ「泉」か「すごい水がたくさん出る井戸」のことです。
小川があったりするのももちろんいいんですが上流に何があるかわからないので泉と井戸がカクジツです。

水さえあれば
・暑いときにもプールをつくったり水をまいたりしてかなり体感温度を下げることができます。
・砂漠に芝生を作って木を植えて緑豊かに暮らすことができます。しかも砂漠だからといって水がないということはありません。砂漠こそ豊かな井戸があることが多いです。
・農業だって出来ます。
・水洗トイレも作れます。
・お風呂、入りたい放題、シャワ~浴びたい放題。
・飲み水にことかかないです。
・生きていけます、ある意味。

電気もインターネットも電話もガス(電気で代用できる)もハイテクを駆使すれば何とかなります。
でも水がなかったら生きていけないんだなあ~ということを身をもって体験しました。

というわけで水が豊富な土地探しをおすすめします。

おまけ↓
16:09  |  開拓  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2007年10月04日(木)

携帯電話は地球を救う

ちょっと昨日の続きです。
↓ポンプのおしゃしんです。この筒みたいな中にパイプとつながれたポンプが入っています。この井戸の深さはおよそ150mでポンプは80m付近にあります。
wellpump.jpg

見ても「へえ~これが?」という感じですよね。
これが桶で汲む井戸だったら怖くて近寄れません(リングという映画の影響です)。

皆さんが楽しみにしているかしていないかはわからないんですが一応これで
「電気水道電話線なし」シリーズ(そんな名前でしたっけ?)は完結となります。

さて、電話です。
電話はですね、うちは携帯電話を持っています。

携帯の電波が入らない人達は選択肢があります。
1.電話なし
2.「ファームライン」を自分で引く

2.なんですが「ファームライン」とは電話線を自分で買って一番近い電話ボックスから線をひっぱって自分の家につなげるというものです。
「自分でやる」というのがポイントです。
DIYもここまでくるとすごいものがあります。

電話局はやってくれません。
電話線が地面の上を這っていたり木の上を通っていたりと皆さんそれぞれ工夫しております。

で、まあがーがーざーざーなります。

ちなみに我が家は半径1km以内で唯一携帯の電波が入るらしいです。
どうもご近所さんに聞くと皆さん電波が入らないとのこと。

これぞ本当の穴場だなあなんて思っています。

「電気水道電話線なし」シリーズはあともう一回だけ続きますが本日はちょっとお知らせがありますのでまたの機会に。
15:23  |  開拓  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2007年10月03日(水)

電気水道電話線なしについて~井戸水はおいしいらしい

「電気水道電話線なしについて」シリーズ、
「シェフルル」シリーズ
「主婦はどこまで手を抜けるか」シリーズ
などの予告をしておいてぜんぜんそれ関連の記事がアップされてない
「いつも自転車操業」
が合言葉の管理人です。
日本公共広告機構に通報しないで下さいね。

「電気水道電話線なし」で今のところカバーしたのは電気の部分。
「シェフルル」は主人とのコラボレーションなので主人が忙しくって停滞中。
「主婦はどこまで手を抜けるか」は「手を抜いている自覚がなくなった」時点でリングアウトですからどこまで出来るのやら。

おさしんは「数の本を見るごろぞう」です。


ま、この数の本はたくさんわんこが載っていまして1のページには犬一匹、2のページには犬2匹ってなっているんですがね。
goro1002-2.jpg

なんかいきなりちゅ~とwankoにキスしていました。
goro1002-3.jpg


犬が通るたびに「ドギー」って言うんですが割とかわいいです(親ばか)。
あ、「続きを読む」にドギーでますよ。
15:25  |  開拓  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2007年09月04日(火)

近所で山火事です

近所で山火事が始まったので非難します。
家、燃えちゃうかも。
山火事広がるのはやいからね。
こんなことしているばあいではないんだ。
04:12  |  開拓  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。