2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年07月30日(木)

本当にいる地味なおじさんの言葉

我が家のケーブルテレビのチャンネル8は「あじあんチャンネル」です。

韓国語、中国語、台湾語、日本語、英語、などなどの番組が放映されています。

水曜日~金曜日の朝7時半から30分は安藤優子さんのニュース番組がワールドニュースと組み合わせて放映されています。

そして月曜~金曜の夜11時半~夜中の30分間はNHKニュースがやはりワールドニュースを交えて放映されています。ちなみに肖像権とか放映権の関係で画像が現れないことがよくあります(例えばオリンピックの映像は一切流せなかったみたいです)。

そして日曜日の夜は8時半からNHKニュースを筆頭に3分クッキング、ドラマ(今はThe Bossという刑事ドラマ)、もしもツアーズ(旅やグルメの情報番組)、そして経済最前線というラインナップで夜12時まで日本の番組を流してくれます。

この経済最前線というのは世界の為替の動きや世界的な製造業の流行、日本の経済等をわかりやすくまとめて伝えてくれています(と私は信じています)。

先週の経済最前線でインタビューに出ていた九州の中規模製造業の社長さんの話を聞いて「うんうん、そうだよね~」と強く共感しました。

それでまあ私のような今現在仕事をしてもいないようなぐーたら専業主婦が言うのも僭越ですが皆さんにその私が感動したお話に共感して欲しくてここに簡単に書きたいと思います。

トヨタは九州に生産工場があります。
※余談ですがそういえば私の元だんなはトヨタの下請けで働いていたのでトヨタが九州に工場を作ったときにその下請けも九州営業所を設けたのでそこへ行かないかと誘われたそうです。

それで下請けの車の部品工場が九州にはたくさんあるわけです。

トヨタが売れている間はこれらの会社は仕事があるわけですが下請け会社は不況で仕事がかなり減るわけです。インタビューで社長さんはこの不況の打開策として部品工場から最終商品の製造工場への展開を提案していました。

要するに例えば今まで車の部品製造業だったけれどもこれからは車を生産するロボットを作って売る(部品ではなく完成したロボット)とかそういう事業展開をしていきたいと言っていました。
そしてその最終商品はエコロジーを意識したり老人介護をテーマにした商品を考えているとのことでした。

そして最後の質問で日本の経済復活について質問されてこの社長さんはこんな様なことを言っていました。

日本はものづくりで経済を復興させなくてはならない。マネーゲームや投資、為替、これらに頼るのでなく日本の今まで培ってきた技術をさらに向上させて国際競争に勝てるような商品を国内で製造していけばかならず不況を打開することができる。

(私の言葉なんであまり正確でなくてすみません)

すごい共感してしまいました。

もっと製造業をがんばろうよ、というわけです。もっと働こうよ、もっと技術を向上させようよ、地味だけれども絶対に結果がついてくるよ、というメッセージを私は受け取りました。

ある意味これは地味~~で忍耐の要る景気回復へのアプローチであってきっと人によっては「そんな働いてばっかりじゃ楽しくない」と思われると思います。

でも一生懸命働くから楽しいこともある♪そんな風に私は受け止めました。

こういう地味なおじさんたちがささえてきた日本製造業、そして製造業に支えられてきた日本経済。これからもきっと地味に地道に景気回復への活路を開いていってくれるとそんな期待ができる社長さんの言葉でした。
スポンサーサイト
16:40  |  経済  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009年07月29日(水)

回答と説明

テンプレートのイメージ通りのらぶりーが売りのスパーキーの森へようこそ~~~(爆)。

いや、テンプレートはですね、バグがない!という理由で選んでいるんです。

ただ・・・新しい読者さんに「うわ~、こんならぶりーなテンプレだったらきっと素敵奥様に違いない」と思われるのも割と困るかもしれないです。

はやいところ他にバグの出ないテンプレを探さねば・・・(わりとこれはコレで気に入ってはいます)。

さて、三択問題の回答です。

正解は②です。

いや、ほんっとうに男の子というものがわかっていませんでしたよ。
少女漫画の中に存在するような男の子がずえええったいに存在するんだと信じていたのですよ。
そしてはずかしーお話ですがそんな少女漫画に出てくるような男の子を捜すために高校へ進学したわけですが・・・(←高校はそういう理由で行くのだろ~か?!

そんな男の子にはめぐりあえずに夢ははかなく散ったわけです。

え?!意外ですか?!


さて、スタバを買う人はお金持ちになれない~~というくだりですが・・・

確かどっかの経済学者さんが書いた本だったと思います。

あるリサーチによるとスターバックスのコーヒーを毎朝買う多くの人は時給が10ドル以下の仕事をしている人たちだということです。そしてこの購入層はコーヒーだけでなく必ずマフィンとかそういったものも購入する特徴があるそうです。

つまり毎日一日8時間仕事をするとして80ドル/日の収入に対して必ず毎朝5~10ドルの出費をしている計算になります。これは彼らの日当の10%を占める金額です。

それでこの日当の10%という数字がどうたらこうたらで結果的にこういう消費の傾向がある人はお金がたまらない=貧乏、というような説明だったような・・・(あまり覚えていません)。

仕事をしていたときは確かによくスタバで3ドルするカプチーノ飲んでいたなあ~。あはは、私は贅沢だったなあ。今はたま~に「久しぶりだからいいよね」と自分に贅沢させてあげたいときにカプチーノを買います。結構しあわせなんだよね、コレが。

ああ、びんぼったらしい記事でごめんなさい。

あとごろちゃんの自転車がなぜそんなに重いのか?ですが・・・

ようするに全部でできているからみたいです。

そういえば私の自転車はアルミで出来ているんだ・・・どうりで重く感じるわけだ、ということみたいです。

もっともっと書きたいことがあるんですがまたの機会に。
14:33  |  経済  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2007年07月04日(水)

仕事とは

http://www.bayspo.com/kurasu/kurasu9xx/kurasu926/926.html
上記のリンクは「ベイスポ」というベイエリア(サンフランシスコ、サンホゼ市の辺りを総称してこう呼ぶ)に住む日本人のための無料情報誌のインタビューへとびます。このインタビューがたいていはつまらんのですが今回はいいことが書いてあったのでぜひ読んでみてください。「仕事とは」のところに良いことが書いてあります。この「経済的合理性」という言葉は言いえて妙だとおもいます。好きなことをするのはいいけれどもお金をもらうことも大切。私もそう思います。お金をもらうということはそれに「価値がある」からです。ただ好きで自己満足でなく対価を払ってもらうことができる「ものづくり」ができたらすばらしいことだと思います。今日本にいる友達が何人か自分で作った物をネット等で売っています。その関係でたくさんの「ものづくり」をしている人がいるのだということを知りました。一人一人の人を知っているわけではないのですが彼らの作品を見たりブログを見ていると彼らこそ「好きなことと経済的合理性」とつなげた人たちだと思います。こういう表には見えない力が明日の経済を変えていく力になっていくのだろうなあと思わずにはいられません。
05:59  |  経済  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月16日(水)

ミノルタ

ミノルタといえばカメラのメーカーだと思っていた。ライカのレンズ検索でミノルタがヒットしたのでミノルタのHPを見たら「カメラ部門から撤退した」みたいなことがあってびっくりした。そういえば去年そんなことを聞いたような気がする。競争が激しいもんなあ。いろいろなことをやって収益を上げるのかそれとも今業績が少しでも良い製品だけを残して生き残るか。難しいところだなあ。あとクライスラーが投資会社に買い取られたとニュースにあった。ガソリンはもう少しで3ドル50セント(1ガロン)になりそう。3ドル50になったら4ドルはもう見えてきたって感じですね。買い物行くのもなかなかいけないなあ。景気がちょっと良くなった(日本)と聞いてはいたが外国人が日本株をがばがば買っているそうな。どうなることやら。
13:53  |  経済  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。