2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015年02月25日(水)

フェイスブックとかブログとか

私は先日話題になった日本人の拉致事件(拉致殺人)をただただ可愛そうだと思って見ていたのですが・・・

人気ブログランキングで上位の某ブログを読んでいたら(この方はあのへんに住んでいらっしゃるらしい)「個人情報が分かりそうなことはアメンバー限定で公開することにした」というような危機管理を始めたと書いていました。

いや、本当にそれがいいと思いましたよ。でも、同時に怖い!と思ってしまいました。日本人にも魔の手が迫ってきたんだなあ、というか闇の世界が広がっているんだなあ~と感じました。

大したブログじゃないけれども私もブログ書いている場合かしら?って考えちゃいます。

それと関係があるのかどうか自分でもよく分からないのですが私は最近フェイスブックをほとんど更新しなくなりました。
一番の理由は去年大親友の子供が交通事故で亡くなったことです。彼女はおそらくもうフェイスブックなんか見ていないんだろうと思うんだけれどもね。別に自粛しているわけでは無いんだけれどもね~。なんとなく、です。
他の友達には「なんでFB更新しないの?」って聞かれるのですがなんとなく、としか言いようが無いといいますか……・。

自分でも何が言いたいのかよくわかりませんがなんとなく思ったことを書いてみました~。
スポンサーサイト
16:18  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007年09月30日(日)

兵庫県の高校3年生男子自殺事件に関して

さっきよそのブログで初めて兵庫県であった高校3年生男子のいじめによる自殺に関してどんないじめが行われていたのか知りました。

あんまりひどいないようなのでびっくりしました。

そして子供が死んだあとでそれを聞かなくてはならない親御さんの気持ちを考えるともうかわいそうでかわいそうで涙がとまらなくなりました。

加害者たちの顔写真や住んでいるところがネット上で見れるそうですがようするに彼らはこれからも生きて大人になっていくけれどもその男子高校生は戻ってこないんですよね。

もしそういういじめられて悩んでいる子供や人が周りにいたら友達になってあげたいと思いました。

ご両親や関係者が一日も早く元気になることをお祈りします。時間はかかると思いますが…。
06:27  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2007年09月20日(木)

サイボーグ警察官が行く!!

ネタを書いた紙をだんなに捨てられて困ったもんです。

あったら嫌だなコスプレシリーズその1.オムツ消防士


長靴とヘルメットまではまあいいとしてやっぱりオムツ丸見えって言うのが嫌ですね。

夜のニュースみていたらかわいそうなニュースがありましたよ。
ギャングに狙われた男性が自宅に着いたところをおそわれて射殺されました。
で、このチンピラたちは家を出て被害者の車のチャイルドシートに乗っていた2歳にならない子供を撃ち殺して逃走したそうです。

ギャングに狙われた男性はもちろんいろ~んな違法行為に手を染めていたんですが…
子供殺さなくたっていいじゃないか~(涙)
って思いました。
おかーさんは教会のお葬式ですごい泣いてスピーチが出来ませんでした。

このあと犬が…走っていますよ~。
14:43  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月17日(木)

悲しいこと

今日Yahooのニュースを見ていたらもうすぐ2歳になる子供を原付のヘルメットをしまうところにいれて原付で移動したら子供が死んでしまってその遺体を捨てたのでその両親が遺体遺棄で捕まったというニュースをみた。これはもう泣くしかない。悲しくなってしまった。こういう記事を見ると落ち込んでしまう。悲しくてどうにもならない。私はめったに(というか全然)そういうことはやらないのだが、昨日「赤ちゃんポストが育児放棄を助長すると思うか」というヤフーのリサーチに参加してコメントを残した。その次の日にこのような記事を見たのでとてもよかった。私は「育児放棄を助長するとは思うが堕胎に反対なので必ずしもほしくないからといって堕胎すれば良いとは思わない」というようなコメントをした。多くの人が「なぜ育てることができないならば子供をおろさないのかわからない」というようなコメントをしていた。と同時に前向きなコメントもたくさんあった。要するに親のカウンセリングや手助けをしてそれでもだめなら赤ちゃんポストといったように手順をふんで本当に子供のためにベストを尽くすことが大切といったようなことを行っている人も多かった。つくづく思うのは私には一生懸命になって私を育ててくれた両親がいて、それは本当に幸せなことなんだなあと思った。私は小さいころお父さんが怖くてしょうがなかったがそのお父さんから私を守ってくれていたお母さんは大変だっただろうなあと考えていたらつくづく私はラッキーなんだなあと感じた。もちろんお父さんのことを嫌いではないけれどもね。でもお母さんはやっぱり偉大だね。
15:37  |  ニュース  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。