2007年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月26日(土)

もうひとつ

今日の朝、床でごろごろしていたらいきなりめんたまの中へ指突っ込まれた!!!!!「うっぎゃ~~~あ~~!!」なんてまるで漫画のような雄たけびをあげてしまったよ。痛かったああ~~~!!しばらく動けなかった。動けるようになったとたんにしりをひとつぺ~んとたたいたら泣きまねみたいな顔をしていた。ああああ本当に痛かった。つめも伸びていたらしい。今も痛いんだけれどもね。
スポンサーサイト
07:13  |  子供  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月26日(土)

スピード違反金の結末はいかに

2005年1月30日、その翌日には2年近く住んだミシガン州からカリフォルニアの主人がもう先に住んでいた家に帰ることになっていた、スピード違反で捕まった。レンタルカーだった。「保険証書を見せろ」といわれたが車に乗っていなかった。それでスピード違反と無保険で切符を切られた。が、「保険証書をスピード違反の違反金と一緒に交通裁判所に送れば保険のほうは免除されるだろう。」といわれたのでそのとおりにした。それから2年以上経った先週、「スピード違反の金額(120ドル)がまだ払われていない。延滞料金を合わせて168ドル送れ」という督促状が来た。びっくりしたのでこのミシガンにある交通裁判所に電話をしたところ「保険証書は届いているがマネーオーダー(いわゆる小切手みたいなもの。お金と同じ価値がある)は届いていない。」といわれた。ここで小切手の仕組みを簡単に説明すると小切手を現金に変えるときに小切手の受取人は小切手の裏側にサインをしなくてはならない。もし小切手が現金にされているならばこのサインをした人(あるいは団体、企業)と連絡を取らなくてはならない。これはいわゆる「泥棒」である。だって小切手を交通裁判所宛に送ったのに他の人が現金にしていればその人が盗んだことになるから。それで小切手の発行元へ行って「小切手の裏書のコピーがほしい」という書類を送った(手数料は5ドルかかる)。可能性としては3種類の可能性がある。1.交通裁判所のおばちゃんがうっかりして小切手をシュレッダーにかけてしまった。もしこれなら120ドルは少なくともかえってくる。2.交通裁判所の誰かがひそかに盗んで現金化した。3.交通裁判所で現金化したのにそれをコンピューターに入力漏れした。こんなことははじめてだしこういう失敗をするとその国の銀行のシステムを少しは理解できるようになるのでけっこう結果が楽しみだったりする。結果は手紙で来るのでまた今度。
07:02  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月25日(金)

トイレ

ゴードンはなんでトイレにものを突っ込むのだろう…。週に一回の学校には水遊び用の大きな流しみたいなものを外に出してあって遊ぶことができる。でもそんなものにはまったく興味を示さないくせになんでトイレが大好きなのかまったくなぞ。水遊びがしたいというよりもトイレで水遊びがしたい、そんな感じ。掃除するほうの身にもなってほしいがそうは言ってもまだ一歳と5ヶ月。早く成長してほしいようないつまでも赤ちゃんでいてほしいような。
03:42  |  子供  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月22日(火)

Brothers and Sisters

ABCネットワークでは今シーズン日曜の夜9時はDesperate House wives でそのあと10時からBrothers and Sistersという番組編成だった。それを録画しておいて(私は9時には寝てしまうので)今日ふと「ああ、そういえば録画してあるものを見なくては。」と昼間からゴードンと一緒に見た。Brothers And Sisters は女2人男3人の兄弟とそのお母さんの話。今回は次女の婚約パーティーの話だったが、その中で一番下の男の子が火曜日の予定だった軍隊への召集(イラクへの出征のため)がちょうど次女の婚約パーティーのさなかに変更されてしまうというエピソードがあった。ジャスティン(その一番下の弟)は誰にも言わないでこっそりパーティーを抜け出すのだが、母親と次女はそれを知って空港まで追いかけていって結局は彼を見送ることができた。いわゆるメロドラマでお涙長大なのはわかっているのだけれども私は泣いてしまった。これはまあ2003年の1月、リッチが出征していった日のことを思い出したからだ。ジャスティンのお母さんはセキュリティチェックまでしか彼を見送れない。それも悲しいシーンだった。彼はおそらくバーストーの陸軍基地へ召集されて「いつ」とか「どうやって」とかまったく知らされないで「いつでも出発できるように」準備をさせられてあるひ突然「よっしゃ、行くぞ」といって連れて行かれるのだろう。そう思ったら泣けてしまった。そしてまた自分がだんなを見送った日のことを思い出してしまった。こんな悲しいことがこの世にはあるものだと思ったものだ。そう思うと今は本当に恵まれているなあと思った。
13:25  |  家族  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月17日(木)

悲しいこと

今日Yahooのニュースを見ていたらもうすぐ2歳になる子供を原付のヘルメットをしまうところにいれて原付で移動したら子供が死んでしまってその遺体を捨てたのでその両親が遺体遺棄で捕まったというニュースをみた。これはもう泣くしかない。悲しくなってしまった。こういう記事を見ると落ち込んでしまう。悲しくてどうにもならない。私はめったに(というか全然)そういうことはやらないのだが、昨日「赤ちゃんポストが育児放棄を助長すると思うか」というヤフーのリサーチに参加してコメントを残した。その次の日にこのような記事を見たのでとてもよかった。私は「育児放棄を助長するとは思うが堕胎に反対なので必ずしもほしくないからといって堕胎すれば良いとは思わない」というようなコメントをした。多くの人が「なぜ育てることができないならば子供をおろさないのかわからない」というようなコメントをしていた。と同時に前向きなコメントもたくさんあった。要するに親のカウンセリングや手助けをしてそれでもだめなら赤ちゃんポストといったように手順をふんで本当に子供のためにベストを尽くすことが大切といったようなことを行っている人も多かった。つくづく思うのは私には一生懸命になって私を育ててくれた両親がいて、それは本当に幸せなことなんだなあと思った。私は小さいころお父さんが怖くてしょうがなかったがそのお父さんから私を守ってくれていたお母さんは大変だっただろうなあと考えていたらつくづく私はラッキーなんだなあと感じた。もちろんお父さんのことを嫌いではないけれどもね。でもお母さんはやっぱり偉大だね。
15:37  |  ニュース  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月16日(水)

ミノルタ

ミノルタといえばカメラのメーカーだと思っていた。ライカのレンズ検索でミノルタがヒットしたのでミノルタのHPを見たら「カメラ部門から撤退した」みたいなことがあってびっくりした。そういえば去年そんなことを聞いたような気がする。競争が激しいもんなあ。いろいろなことをやって収益を上げるのかそれとも今業績が少しでも良い製品だけを残して生き残るか。難しいところだなあ。あとクライスラーが投資会社に買い取られたとニュースにあった。ガソリンはもう少しで3ドル50セント(1ガロン)になりそう。3ドル50になったら4ドルはもう見えてきたって感じですね。買い物行くのもなかなかいけないなあ。景気がちょっと良くなった(日本)と聞いてはいたが外国人が日本株をがばがば買っているそうな。どうなることやら。
13:53  |  経済  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月15日(火)

最低な娘

これは昨日の夜のこと。私は実家に電話をした。日本は月曜の12時くらいだったと思うが母は先日はれて定年退職して5月の連休明けから新しくパートで仕事をしていると聞いていたのでいないだろうなあと思ってかけたがやはり夜勤をしている父が出た(眠そう。申し訳ない)。「お母さんいるよ。ちょっとまって」というので「あれ?お母さんごめん、寝ていた?起こしちゃったね。」「ああ、昨日胆石で(母は胆嚢に胆石がある。)いたくって救急外来へ行ってきたから寝てないのよ。それで今寝ていたの。」「ええ?」「それで今日も本当は仕事を始めてから3日しか経っていないのに外来へかかるためにお休みしたの。」「大変だったね。ごめんね、そんなときに電話して。」私が電話をしたのは私が日本で2週間ほど前に注文した品物の代金を払うように以前頼んだのだけれどもまだ入金していないらしかったので思い出してもらうために電話したのだった。「急がなくていいけれども、お父さんのメールに振込先をもう一度送っておいたからできるときでいいからやってね。お父さんにやってもらってもいいじゃん。」と母には言って置いた。そしてそのあと「大事にしてね。またね」といって電話を切った。翌日月曜日。「入金がされていましたので品物を送りまーす」というメールが入っていた。「ええー、じゃあお母さんあの後振り込みに行ってくれたんだ。体が大変だったろうに。申し訳なかったなあ。言わなければよかった」と思いました。しかもそのあと他の人のブログを見ていたら「日曜は母の日でしたね」とかいうのをみて「そうだ!母の日だったんだ。私、信じられない。『お母さん母の日おめでとう。』の一言も言わないで『振込みしておいて』なんて病気で寝ていたお母さんを振込みに行かせたのなんて私ぐらいではないのだろうか?!」と落ち込んでしまった。私って、なんてひどい娘なんだろう。ただひとつ救いなのは私には2人の姉と弟が1人いるので彼らが何か母のためにやってあげたであろうという期待。今夜早速姉に電話して母の日に何をしたか聞いてみなくては。
02:11  |  家族  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月13日(日)

the day gordon came to us

ゴードンが産まれた日のことは忘れられません。私はとっても不安だったのですが主人が一緒にいてくれました。午後4時ごろに陣痛が始まって病院へ電話をしたところ陣痛が5分間隔になったら病院へくるように言われました。6時に5分間隔になったので6時半に病院へ入って10時になるまでぐうぐう寝ていました。主人が一緒にいてくれました。10時くらいから痛みが激しくなって注射を一本してもらって(リラックスできる注射)11時半くらいからいきみはじめて1時55分にゴードンが産まれました。
私はいつも貧乏だったので子供を産むことにとても否定的でネガティブなイメージを持っていました。子供を産めばもっと貧乏になる。働けなくなる。そんな感じです。だから32のときにいろいろな事情から主人と別居をすることになった時に初めて子供がほしいと思ったときにはびっくりしました。状況は厳しかったのですが子供がほしい、主人との間に子供がいたらよかったのにと真剣に思いました。そのあと主人と一緒に住むことができるようになり妊娠したときは本当にうれしかったです。妊娠中も子供ができてからもいろいろありましたがあの日、ゴードンが産まれたのはたくさんの奇跡があったからで、本当に贈り物だったなあとつくづく今でも思います。家族が一緒にいろいろ妥協しながらどうしたら仲良く楽しくなれるだろうかと悩みつつ毎日を過ごしていくということがとても幸運なことだと感じます。思い通りには行かない人生ですが忍耐をもっと増やしていけばきっとそれほどつらくはないのだろうなあと思います。36歳ですがきっとこれから得るもののほうがこれまでに得たものよりももっと大きくなるような気がします。これまで何もしてこなかったような気さえしてしまいます。これからにわくわくしています。まずはもう一人子供ができたらいいなあと思っています。ゴーちゃんがくれたものはたくさんありますが一番のよかったことは私の心が開かれたことだと思います。悪いことやできないことに目を向けるのではなく、すでに与えられているものやこれからできることに目を向けることができるようになりました。人によっては子供ができなくてもそれができる人もいます。すばらしいと思います。ゴードンにもそういう人になってほしいと思います。私も人に元気を分けることのできる人になりたいです。
14:22  |  家族  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月13日(日)

親ばか全開中

20070513084603.jpg

っま、親ばか全開中でして、うちの子供は世界一かわいいと思うわけです。もうすぐ17ヶ月だなあ…早いものだと思います。スナックをあげると「どうぞ~」ってくれるし自分の飲んでいるミルクを「どうぞ~」ってしてくれるんですが「ありがと~、でもいらない~」と断ると「俺の酌じゃあのめねえっていうのか?」みたいな態度でぷんぷんしています。あと、最近よだれがかなりすごいことになっているんですがそういうときに限ってなぜか顔を近づけてきてぶっちゅ~としてきます。ごろ、うれしいけれども、なぜそういうときばっかりちゅーしたくなるのか教えてくれ~!(私がちゅーするといやそーなくせに)今日はきゅうり、ハム、チーズのサンドイッチを作ってみました。考えて見ればそこらじゅうのコンビニで(日本にいれば)かえるのに作ったことがないなあと思いました。この前見たイギリスの番組できゅうりのサンドイッチを作っていたのを見て「おいしそうだなあ」と思って作ってみました。
08:54  |  子供  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月09日(水)

スムーシーー

私はめんどくさがりでフルーツを食べない人だった。フルーツはへたを取ったり皮をむいたりと結構面倒くさい(本当にA型?)。しかもがんばって皮むいたりへた取ったりしてもごろぞうは食べてくれない。みかんは薄皮までとってあげたら食べたがそのまましたから出てきてしまった。(消化できなかったらしい)いちごはすっぱいので食べない。砂糖とまぜても食べない。しかし…お助けグッズがあったのですよ。ハンドミキサーです。黒砂糖、ヨーグルト、フルーツを混ぜてスムーシーのようにしたら好評でごろがたくさん食べてくれました。(飲んでくれた?)こういうお助けグッズ、今だから安くてみんなが使っているからいいけれども自分のお母さんはすり鉢とか使っていたんだろうなあ。お母さん、ありがとう。ごくろーさま。
01:06  |  子供  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月05日(土)

もう音楽なんてぜんぜん聴かないし新しいものを探したりもしないすっかりおばさんモード(といったらおばさんによっては怒る人もいるでしょう)だった私がHONDA USAのシビックに使われていた曲が気に入って探しておりましたが見つかりました。the go! team というUKバンドのhuddle formationという曲らしいのです。
http://www.thegoteam.co.uk/flash/Music.html
上記のURLをクリックすると"the go! team"というバンドのサイトへジャンプします。そこでthunder, lightning, strikを選んでhuddle formationをクリックすると聞けます。いやあ、Civicの宣伝と重ねるとかっこいいことかっこいいこと。しかもどうやら2人も日本人女性をバンドメンバーに起用しているらしい。かっこよすぎる、女性ギタリスト。若いころはミュージシャンが政治的傾倒に走って音楽を使って政治の”伝道”をするのをかっこいいと思っていましたがそういうことを考えないで音楽を聴きたいと思う今日この頃です。しかもこのバンド、HPからほとんどの曲を視聴できるという潔さ。音楽のダウンロードなんてただでどこでもできる時代だからね。これくらい潔いと楽しいね。

I had fun while googling the song being played in Honda civic CM in US. I personally like any CMs from Honda USA, they usually are very cool(by the way, Honda USA just released new Odyssey, the mini-van, CM and it was really tasteful too!). The name of the song is "huddle formation" and it is played by "the go! team." The go!... is a UK band and has 2 female japanese crews. one of them plays guitar and other instruments and both seem to have ability to play multiple instruments. I quit listening to music a while ago because I did not like musicians using music to advertise their political leaning, however, i started enjoying listening to some musics again.
14:00  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月04日(金)

唇切れた

寝室からどっかんという音がしたと思ったらごろちんが唇からだらだら血を流していた。血が止まったらなんか2つ歯型が下唇についていた。ま、痛そうなんだけれども本人は結構元気だった。写真を撮ったけれどもうまく撮れない動くしカメラも古いしね。昨日は一日中いろんな人のブログを見ていた。いやあ本当に時間の無駄といえば無駄。漫画より怖いインターネットよ。私が若いころにインターネットがなくってよかったよ。これ以上何もしない人間になってしまっていたらどうなってしまったんだろう。私は結局少女漫画のフィクションが「ありえない」ということに気が付いたのが割と遅かった。それで人生を無駄にしたなあと若いころは思っていたけれどもそんな廻り道もしたからこそ今の自分もあるんだなあとも思う。でもやっぱりちゃんと時間を決めて今後は一日2時間とかそういった規制を自分に課していかなくてはならないと感じています。
02:11  |  家族  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。