fc2ブログ
2008年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2008年01月21日(月)

線路は続くよどこまでも~前編~

Fujitsuさんと取引のある会社に勤めている方~、ご一報ください。

世界の○○と言われるわが社にはこれまた世界のFujitsuさんからいただいた2008年のカレンダーがあります。

実はですね、私はこのカレンダーがほしい!盗んででもほしい!と思っています。
いえ、盗みませんよ。
多分、契約が終わって止めるときに一応「あの~、これ、いただきたいんですが」って頭下げるつもりです。

でも多分もらえないんだろうなあ。

「いただいたものだからあげるわけにはいかないうんぬん」ってきっと言われるんだろうなあ。
※ちなみに私が見つけるまではコピー部屋でホコリをかぶっていた。

ともかくこのFujitsuさんの2008年のカレンダーはなんと、あの人気テレビ番組「世界の車窓から」です。

世界中の列車の絶景をパチリパチリと激写したその写真が13枚(表紙を入れて)。

電車マニアでなくても「すごい!」とうなるような絶景が13枚です。

ともかくきれいですよ~。

表紙がね、多分ロンドンのビクトリアステーションだと思うんですよ。

そこに「ロイヤルスコッツマン」という客車が止まっています。

そこで私はふと「あれ~?」と思いました。

電車のプラットフォームが曲がっているんです。

写真のアングルとしてはプラットフォームが曲がっていたほうがとっても良いし、駅の構内がまたしゃれていていいなあと思わされますが、

プラットフォームって曲がっていてもいいんだって思いました。

だって、日本のプラットフォームってまっすぐですよね?!

地形とか貨車の長さとかいろいろ事情はあるのでしょうが、「プラットフォームをまげて設計する」ってなんとなく不思議だなあと思いました。

というわけで短め更新で申し訳ないんですが、Fujitsuさんのホームページで「2008年のカレンダーは売れきれました~」とあったので、もしコレがもらえなかったらもう手に入らないと思います。

手に入らないと思うとますますほしくなります。

さて、次はいつになるかわかりませんが「線路は続くよどこまでも~中篇~」に続きます。
スポンサーサイト



14:12  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |