2009年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年01月02日(金)

JAL一便に同乗した皆さんごめんなさい

私は今、

JAL一便に同乗した皆様に

深く!

ふか~く頭を下げております。


皆さん思ったことでしょう。
私に子供がいなかったら、いやたとえいたとしても

誰が

十万円以上払って「お子様泣き叫びツアー」に10時間以上参加したいと思うでしょうか?

しかも飛行機の中からは脱出不能。

子供の泣き叫ぶ声を聞き続けなくてはならないというまるで罰ゲームのようなツアー。

ああ、ほんっとーにすみませんでした。

ことの発端は前日興奮しすぎて寝れなかったことから始まりました。

前日は誕生日会。

義妹の家、というシチュエーションでもう興奮度マックスに達していたのにさらにいとこがケーキを作り、そしてたくさんのプレゼントをもらい、と興奮はさらにさらに高くなっていき、真夜中になってもハイパーな3歳児になっていたのでした。

寝かせようとする私を泣き叫び攻撃で封じて1時頃にフィニッシュ。

そして翌日。

眠りたいのに眠れない、疲労はピークというコンディションで2時間寝た以外は静岡の実家に着くまで泣き叫び続けたゴードンなのでした。

私は本当に本当にうまれてこのかたこんなに恥ずかしかったことはありませんでした。

JALの客室添乗員の皆さん本当にありがとうございました。

皆さんのご親切は一生涯忘れられないことでしょう(本当にすごいよくしてもらったんです)。

そして乗客の皆様、本当に申し訳ありませんでした。

・・・とまあ旅自体は大変だったのですが今はやっぱり「来てよかった~」とのんびりしています。

日本はいいなあ~。

あらためてあけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
18:51  |  子供  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。