2010年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年07月31日(土)

S・O・S ~誰か教えて!~

ごぶさたしております。

子供が夏休みですよ!

それで毎日何をしているかといいますと公園で子供遊ばせています。

友人からは「公園に住んでいるよね」とからかわれます。

そのくらい公園にいる率高い!ですね~。

あんまり時間がないのでリンクできないところもあると思うんですがご容赦ください。

さて、いわずとしれたMumさんのブログでおーすとらりあにすんでいるかおりさんのレシピのクリームキャラメル、いわゆる「おいしいプリン」をアップしてあったので作ったんですよ。

余談ですが私のPCではエキサイトブログが見れなくなりました。どうしてかはわからないんだけれども・・・でも携帯からは見れるしコメントもかけます

まずキャラメルシロップを作るって~ことで砂糖90gに水を大匙2杯しみこませて火にかけるんですよ。

それでまず一発目はビギナーズラックというやつでキャラメルシロップができましたとさ。

ビギナーズラック?とはどういう意味かっていいますとね・・・

その後、1週間後くらいに作ろうとしたらキャラメルシロップができなくて失敗。

砂糖がね~焦げないんです!水だけ蒸発してまっしろい砂糖が凝固して硬くなってしまいました。

キャラメルシロップが作れなインだけれども何が悪いの?と知り合いのお料理上手さんに聞いてみました。

そうしたら「混ぜないでほっといてこげるのを待つこと」というオコトバをいただいたのでその日にまた作ってみました。

う~ん・・・薄いけれども茶色くなったからよしとしてプリン型に流し込んでこの回はとりあえず成功。

そしてその3日後くらいに今度はお客さんがくるから、ということでまた作ってみることにしたんですよ。

やっぱりまた水だけ蒸発して砂糖が硬くなっておしまい。あきらめるもんか、となべを洗って再挑戦するもまた白く固まってしまったので今度はそこへ水を入れてみたけれどもやっぱりできない。

5回挑戦して2回しか成功していない・・・これぞ残念もいいところですよ。

火加減は中火でしたよ。

友人たちに聞きまくっているんですがだれもが声をそろえて

「・・・キャラメルが焦げない・・・???!!!そんなことあるんだ・・・。」

って言うんですよ・・・!!!

いや、そんなことあるんですよ。

私はプリンが大好きなんです!だれかキャラメル焦がす方法教えてください~!


あ、ところでMumさん、成功したときのプリンはおいしかったっす。決して2層なんかにはならなかったっす(だから何~!?とか言わない!爆)。
スポンサーサイト
02:20  |  フードてくのろじー  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2010年07月17日(土)

趣味をはじめるとしたら

今日のBGMは映画 Kill Billから Battle without honor or humanity



映画 Rat Race からSmashing Pumpkinsの Hey now 聞いています。


突然ですが趣味がはじめたいですよ。

趣味ってそういうふうに始めるものではないんだろ~けれども1歳と4歳の子供がいる主婦にできることってすごい限られていると思うので(いや、豊富な財政があればどんなことも可能だとは思うんですが)すよ。

そんなわけで私が考えた「主婦にもできそうな趣味」は2つ。

その1.電車の写真を撮る いわゆる撮りテツというやつ
その2.ギターの弾き語り とりあえず何か一曲弾けるように、を目標に。

なぜ撮りテツなのかといいますと・・・

先月日本へ帰省していた折に地元のローカル線、伊豆箱根鉄道の大場駅周辺をしょっちゅう行き来していました。

で、この俗称いずっぱこ鉄道は大場駅のすぐそばに本社があってそこに引込み線があります。

ある日、いつものよ~にいずっぱこの大場駅を通り過ぎようとしたら、あらあら、そこにここにあそこにとた~くさんの撮りテツさんたちがでっかいカメラ抱えて電車を待ち構えていました。

田舎の駅周辺で車を止めるところがあまりなかったのでいったい何を待っていたのかはいまだになぞなのですがその撮りテツさんたちを見たらとっても楽しそうだったんですよ。なんていうのかいきいきしているというのか・・・ああ~、なんかそういうわくわくすることずっとやっていないなあ~、こういう趣味、いいなあ~、うちの子供は鉄道が好きだしこれが趣味なら子供も喜んで一石二鳥かも~なんて思いました。

問題は私がコンパクトデジカメしかもっていないのでちょっと動く対象物は難しいかな、というところ。一眼レフは今のところちょっと予算が下りません。

その2はその1とは逆で家にはたくさんギターがあるので練習さえすればいいので投資0円ではじめられる唯一の趣味といえます。それにギター弾けるようになったら楽しいよね~。

今のところお金がかからないという意味ではその2が有力です。
22:21  |  自分のこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010年07月10日(土)

Facebook考

今日のお話はFacebookに関してなのでわけがわからないみなさんごめんなさい。

Facebookはめったに開かないのにいったん開くとどうやって使うのかがよくわからないのでしげしげと人がどうやって使っているのかを眺めてしまいます。

そんな暇はないはずなのについぼ~っと友人のプロファイルを見たりしています。

昔ちょっと友達だったあの子の「好きな音楽」の項に「Cocteau Twins(コクトーツインズ)」とか書いてあって「そうか、あの子はコクトーツインズなんか聞いていたのか」とか納得したりして。

それはともかくめったにコメントなんか残さない私が日本にいたときにたま~に友人の記事に残したコメントを読んで「これって・・・すごいなんだか失礼なコメントだったな・・・そういうつもりで書いたのではないけど、今見るとすごい失礼だ!」と思ったんですよ。しかもコメントにはコメント返しなし。ほかのコメントには全部返信ついているんだけれどもきっと彼女も私のコメントにどう返答していいものかわからなかったのだと思うんですよ。

それでいろいろ考えた挙句に彼女に「なんか失礼なコメントに聞こえたらゴメンね。」というような内容でメールしたんですよ。

彼女が本当はどう思っているのかはわからないしこんなメールするのは意味がない、むしろよくないのかもしれないけれどもいわなきゃわからないこともたくさんあるからやっぱりいろいろ考えるより一応自分の意思はこうだからとメールしてよかったと思います。

それにしてもやっぱりコメントを残すというのは難しいね。思いとか考えというものを伝えるのは難しい。そんなに深刻に考える必要はないのかもしれないけれどもブログにしてもFacebookにしてもツイッターにしても自分の考えを共有することや人とコミュニケーションをとっていくためにできたのだと思うけれどもむしろミスコミュニケーションになる可能性もあるなあとつくづく思いました。

今気がついたんだけれどもオンラインでできることはどちらかというとConnectする(つながる、知り合いになる)ことであって本当に人を知ったり友人になったりするのはそこからもう一歩進んでメールしたりあってみたりすることが必要なのだろうね。

そう考えると私はやっぱりFacebookもブログも使いこなせていないなあ、と思う今日この頃です。
02:03  |  なるほど  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2010年07月04日(日)

楽しかった~そしていまはさみしい~


7月1日にかりふぉるにあ~の我が家へ戻ってまいりました。

2ヶ月と10日・・・長いような短いような日々でした。なんだか今でもここにいるのがウソのようです。
今回の帰省も本当に楽しかったです。

元はといえば4歳の息子がまったく日本語を話さない(教えたことがないので話さないのはあったりまえでして・・・いや、前はそんなに気にならなかったんですが)というのが気になりだしてなんとかここでがんばってみよ~!と2ヶ月間実家へ帰って実家のそばの幼稚園へ入ってもらいました。

息子はなれない環境と言葉で最初の一ヶ月は本当に問題ばっかり起こして大変でした(先生方ど~も本当にありがとうございました)。ともかく決まりごとを守れないのでほかのお友達に「だめだよ~」と言われ言われればやっぱりつらいらしく反抗してお友達とけんかになり(言葉が出てこないからもちろん攻撃に出る)何度も何度も「これは私のエゴなのか?こんなことをして意味があるのか?日本語ができなくたって生きていけるんじゃないか。息子がかわいそうじゃないのか?」と自問自答をして悩みながら毎日幼稚園へ送っていたんですが・・・お母さんたちの中に私の同級生や姉の同級生、特に多かったのは弟の同級生がたくさんいまして毎日たくさんの幼馴染や知らない人から「ゴードン君のおか~さんおっはよ!」と声をかけてもらい先生たちみなさんからも声をかけてもらえて今までの人生の中でこれほど友達が増えたことがあろうかというくらい人間関係に恵まれました。そうして幼稚園以外でも水遊びや家に呼んでもらったりして息子が言葉を超えて友達ができるようになっていってそのうちに日本語も上手になっていって帰国前には英語をほとんどしゃべらないくらいでした。いや~本当に人間って1人で生きているんじゃないんだなあと今もさわやかな後味をかみ締めています。

幼稚園最後の日は「絶対来年もきてね」と親子ともども暖かい言葉に見送られて退園することができました。

そして帰国後1週間後の今日ばあちゃんが日本へ帰国していきました。金曜日の夕方成田に着く予定です。

さ、さみしい~!!!さみしがりやの私は家族がみんな住んでいる日本に住みたい!と切実に思うのでした。

とりあえずはがんばって来年の帰国資金をためるという目標があるのでなんとかがんばれそうです。

女々しいな、私。

01:07  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。