2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年08月29日(水)

さんせっと in ど田舎

↓この前の記事でお知らせしているんですが電気が切れちゃいまして昨日は更新できませんでした。

昨日はとても暑かったので家の庭で一番涼しくて風通しの良いところに家族みんなで避難しました。
そこは柵がないのでスパーキーとルルはなが~いリーシュ(というかロープ)をつけています。
lulu.jpg



ルルは心配ないのですが問題はスパーキーです。スパーキーはものすごーくフレンドリーで探検大好き。
つまりうっかりするとどっかへ行ってしまうんですね。
で、彼の最大の問題は帰ってこれないということです。

今までに何度か2匹で脱走をしたのですが(それで柵を作って柵の仲に住むようになったのですがそれまでは放し飼い)そのたびにルルは帰ってきました。
しかもルルはほんの2時間くらい待てば帰ってくるのです。

近所に池があってそこに行っていることはもう明白なのでそこの家に電話をして「スパーキー来てますう?」と聞くと「たった今こちらに来ましたよ~」なんて親切に教えてもらえます。

この辺の人はみんな親切なので名札を見て電話してくれたり家まで送ってきてくれるなんて人もいます。
sparky.jpg

あるときは「うちに帰ってきたらね、とってもフレンドリーな犬がソファの上で寝ているんでびっくりした」(田舎なので鍵をかけないでその辺へ出かける)なんて電話が来て急いで迎えにいったこともあります。


暑いといえばルルは暑いのがまったく平気らしい。
というのもルルはLodi(ローダイ)の出身。
ローダイはカリフォルニアのセントラルバレーといって農業の盛んな盆地というか平地の出身。夏は40度近くまで気温が上がることもあるという農業にはうってつけの地形に位置するやっぱり農業の盛んな地域。
主人が以前働いていた仲間にラリー君という若者がいました。
ラリー君はクーンハウンドのブリーダーもしています。
ある日仕事に出かけた主人から電話があって「犬を引き取ることにしたから今から取りに来て」といわれました。
それで行って見ると主人が
「この犬、うちで引き取るから」
とルルを渡されたのでした。
lulu3.jpg
(Lulu8ヵ月)

【More・・・】

ルルはラリーの近所のAさんに引き取られていったのですがどうもAさんはルルにえさも水もくれないで一日中日なたにほうりっぱなし(しかも何日も何日も)で衰弱していたらしい。
そしてそれを見かねたラリー君の嫁さんがAさんが外出している隙にルルを助け出して仕事場へ急いでつれてきたのだ。
「誰かこの仔をもらってくれる人がいるんじゃないか」と期待して…。

そんなわけでルルはうちの家族になりました。

ルルさん、リラックスしています。



ルルはうちが大好きです。
離しても家から半径2百m以内でごそごそ猫を追いかけたりかえるにちょっかい出したりしています。
しかもとっても良い番犬です。
ごろぞうに自分の知らない人が近付くとすごい勢いでほえます。
ルルがいて良かったとすごく思います。

私は主人がたまたまアメリカ人だったのでたまたまアメリカに住んでいます。
でも心はいつも「日本に帰りたい」と思っています。

日本にいたときというか若いときはどこか外国に行ってみたいとかもちろん思ったことはたくさんありましたがまさか本当にそうなるとは思ってもいませんでした。
そしていざそうなってみると自分が日本で持っていたもの(友達とか家族)がどれほど自分にとって意味があったのかわかってしばらくはとてもつらかったです。

私が小さいころの我が家は大変でした。
私の父も母も15歳のときに身一つで金の卵として新潟の田舎から静岡へ就職してきました。
父は悪い人ではないのですが典型的なかんしゃくもちおやじで私はいつ怒られるかいつも怖がっていました。
母と父が(父が一方的に怒るんですが)喧嘩をしているともう怖くて怖くて押入れの中でないていました。
父も今ではだいぶ丸くなりまして母と仲良くやっているようです。
それが私にとっては一番良い知らせですね。

そんなわけで私が一番欲しいのは仲の良い家族です。
sunset.jpg
クリックすると大きくなります。

がんばらねばね、スパーキー。
スポンサーサイト
12:43  |  雑記  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ルルちゃん、本当にいい女だね。実際にあいにいきたいよ。
で、うたちゃんは日本に来るのかい?

私一生懸命拍手したりランキングにポチットしてるけど、効果あるのかな~???
えすてる |  2007.08.29(水) 14:54 | URL |  【編集】

●えすてるさんへ

効果あるにきまってるっすよ~。今スパーキーの森は主婦の日記カテゴリーで40番台キープですからね。後はmakoちゃんにも宣伝してくれるとうれしいです。
今年のお正月はパスポートの書き換えもあることですし帰省しますよ。
uta |  2007.08.29(水) 14:58 | URL |  【編集】

アメリカの田舎暮らしの日常が、すごく伝わってきました!!
みなさんとても親切でいいですねぇ~。最後の写真、気に入りました。のどかで幸せな風景ですね!
ルルちゃん、やっぱべっぴんさん!!
えびすとぼくは、日本のど田舎くらしです。いまだに野犬がいるところで住んでいます。
野犬の群れに囲まれたときは、死を覚悟しました(笑)・・・

はなれてからわかるものですよね、家族、友達の大切さって。
これからも、utaさん、ごろちゃん、だんなさん、スパーキーちゃん、ルルちゃん、そして新しい王子?王女といっしょに素敵な家庭を作ってくださいね。

えびす兄やん |  2007.08.29(水) 15:55 | URL |  【編集】

ルルちゃん、、、耳デカッ!デカッ!デカァッ!!!!(3回も言っちゃった)
耳デカ好きにはたまらない今日のショットでした♪

スパーキーは、そのお顔にピッタリのキャラですね~。周りがみんなええ人っていうのがすばらしいですね。さすらいのブルーノ君みたいスパーキー。

uta家の後姿…既にほのぼの幸せ感がただよってるよ~。なんか涙出そうになってきた(夕日に弱い)。
クリコ |  2007.08.29(水) 19:13 | URL |  【編集】

●最後の写真

ほんといいですね~。^^

スパーキー君、よその家のソファー?(笑)
素敵すぎ~。
こんな自然な中で放してもらえないのは残念やね。^^

ルルちゃん、いい家族に出会えて良かったね。
なんか表情がうちの空に似てるんですけど、繊細犬ですか?^^
仔犬の時の耳、長っ(笑)けどかわいい!
coo |  2007.08.29(水) 21:05 | URL |  【編集】

●ルルちゃん小さい頃と雰囲気が違う。

うちのネコちゃんもスパーキー君と同じ様な問題を抱えています。近所中で有名なネコちゃんなので、迷子などの心配は無いし、鈴を持って少し探せばすぐ見つかるのですが、なぜか一箇所で動かなくなって呼びに行くまで帰ってこない時があります。迷うようなところじゃない所で、私が探しに来るのをずっと待っています。半分カクレンボのつもりなのかも知れませんが、できれば自分ひとりで帰ってきて欲しい時はあります。
wankichi |  2007.08.29(水) 22:18 | URL |  【編集】

●田舎ならではですねw

私も日本とはいえ、沖縄に来てなんだかとても本土が遠く感じる時があります。
飛行機ですぐなのに...でも、地続きではないというところに何となく離れてる感があります。

ルルちゃんはホントに美形ですよね♪モデル顔w
しかもとってもおりこうさんなのですね。
私も赤ちゃんの頃、祖母宅のマルチーズが私の子守りをしていたそうです。落ちそうになったら引っ張るとか、泣いたらあやすとか、おもちゃ代わりになるとか(爆)この子もかなりの長生きさんでした♪

旦那さんが“とてもよい人”って言うのがひしひしと伝わってきます♪
ゆるさく |  2007.08.29(水) 22:27 | URL |  【編集】

●田舎の醍醐味?!

いきさつをきくと・・・ルルちゃん今は本当シアワセで嬉しいだろーね?!
いや~田舎風な空気が伝わって何とも和みます!!
スパーキーちゃんの話も笑えたけど、うちの先代犬(ラブ)も似た様な経験アリで、よく電話もらってたな~って思い出してました!
仲の良い家族・・・本当だねe-266仲が良ければそれだけで凸凹道も大きなデコボコにならずに済むんだよね。大事なことだよね~・・・本当イイ写真だわ~v-10
Nia |  2007.08.30(木) 00:08 | URL |  【編集】

●ルル姉さんステキ!

もう、くしゃみ3回ルルさん嬢♪なんて、歌いません。はい。
ワタシも、ちんまい頃、うちのわんこによくかばってもらってました。
ちっちゃい子だから、うちの子だから、ってわかるみたいですね。
一緒に走りたいのに、カラーが、んーーーーって食い込んでも
走ってくれませんでした。コケたら、アカンし、って感じで。
兄とは全力疾走してましたけど。
で、しばしば脱走して朝帰りしてました。
朝刊と共に笑顔で玄関に座ってたそうで。いいヤツでした。
SHIMACO |  2007.08.30(木) 05:57 | URL |  【編集】

やっぱり迷子札は大事ですよね~うちには保護団体から迎えたワンコがおりますが、
うっかりリードをはなそうものなら「ばびゅーん」とどっかに行ってしまいます。
それで迷子札を付けてます。気がついたら取れていたりしますが。
日本もペットのいる家庭が増えたのだから、もっと迷子札を奨励してほしいです。
「火の用心」ぐらいに。
ルルちゃん、Utaさんの家族になれて良かったね。それにしても賢いなあ・・・

生まれ育ったのとは違う土地で、しかも外国で暮らすということは
心にいろんな感情を呼び起こすものなのでしょうね。
Utaさんご一家、とても素敵だなあと思います。しみじみ。
るう |  2007.08.30(木) 05:58 | URL |  【編集】

●コメントありがとうございます。

>えすてるさんへ
↑にあります
>えびす兄やんさんへ
野犬に囲まれた?そうか、そういうこともあるんだ。山の中なんですか?行ってみたいです!
>クリコさんへ
ルルは小さいころは写真のように体と顔に対して耳が異常にでかかったのです。もっと小さいころの写真があると思い込んでいたらありませんでした。がっかり~。そう。みんな犬に親切なんですよ。そういう意味ではよい場所ですね。
>cooさんへ
そうですね、繊細です。最初のころはすごい臆病で私から絶対に離れませんでした。でね、昔はえさがもらえなかったトラウマでがつがつしていたんだけれども今はおやつとかあげようとすると「ふ~ん…いらない」みたいな!ただスパーキーが好きでスパーキーがすることは何でもやりたいのでスパーキーが骨食べているとほしがったりします。やなやつだ~。でもスパーキーが好きだかららしいんですよね。
>wankichiさんへ
いつも一人で帰ってきて欲しいです。もう心配ですよね。私は猫って頭がいいからかえってこれると思っていました。それとも帰ってこれるんだけれどもwankichiさんに迎えに来て欲しい(甘えてる?)のでしょうかね。
>ゆるさくさんへ
沖縄は遠いです。なぜだろうと思うのですが飛行機で行くというのがまず遠いですよね。しかも国内線なのでチケットが高いので遠い(昔ロスと東京は往復チケットが5万円以下でした)。そういって行こうとしないことに罪悪感を感じます。行こうとしない=心の距離が遠いみたいで。ちょっとわかりずらいんですが「行って見なきゃどんなところでどんな人が住んでいるのかわからない!でもわかりたい」と思うんですよね。あとそんなおばあちゃんのマルチーズ見たいな犬、今大募集中です。
>Niaさんへ
ルルは最初はすごい臆病だったんです。今はあまり思い出さないみたいだしあれでも割と太ったほうなのでよかったです。Niaさんも電話もらっていたんですね(笑)。電話くれる人、親切ですよね~。
>SHIMACOさんへ
子供の面倒を見てくれる良いわんこ、だいだい募集中です。いいわんこがいたんですね~。脱走して朝刊とともにというのが爆笑ですが、それがいいんですよ。帰ってこれるならいくらでも脱走してくれ!と思うのですが帰ってこれないんじゃあねえ…。
>るうさんへ
うちも時々確認しないと迷子札のわっかの部分が弱くなっていたりしますので予備を持っています。そうですね、迷子札ない犬もいるんだ。実家で10年以上前に飼っていた犬もしていなかったなあ。ぜんぜんそういうこと知らなかったんですよね。
私はマザコンなんだと思います(笑)。お母さん大好きなんで。
uta |  2007.08.30(木) 21:59 | URL |  【編集】

誕生日お祝いの電話ありがとう。忙しくって早々にきってゴメン。早く帰ってきてね。
cie |  2007.09.02(日) 03:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。