2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年11月08日(木)

リベンジ!林檎ケーキ~完結編~

突然ですが林檎ケーキです。

cupcake.jpg

なんとかこうしてカップケーキにして人に配って林檎は完食です。

applecake.jpg

しかも栗ご飯のあまった栗でマロンクリームを作ってクリームを添えました。



【More・・・】



11-7steak.jpg

さらには例の大人買いしてしまったズッキーニも快調に消費中です。

~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~


ふと主人が出征した日のことを思い出しました。

出征というのは時には「おそらく出征の要請がこの週当たりに来る」ということはわかっているものですが、カクジツにこの日というのはとりあえず秘密でしてある日突然来るものです。

出発前夜に言われるのもつらいもですが出発まで時間があるのもつらいものです。

言われた瞬間から主人を見送って、見送ってからも飛行機が何時に出発とかそういうことは知らされていないので無事に現地へ到着して最初の連絡が来るまでは生きた心地もしません。

たしかあれは2003年の1月後半のある日曜日のことでした。
私がつらかったのは何よりも当時私と主人の関係がかなり悪く、主人は少し心を病みはじめていたときに出征しなくてはならなかったことです。

主人に必要以上のストレスをかけていた私は罪悪感でなおさら主人を送り出すことがつらかったことを覚えています。


~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~


このすぐ下の記事に書きましたがブログで知り合った方が大切にしていた犬が死んでみつかりました。
状況が割合と悪いというかなぜ死んだのかが非常に判断しにくい発見のされ方であったため飼い主の方は非常に悲しんでいて自分を責めているようでした。

彼女のブログを毎日のぞいて犬たちが楽しく暮らしているのをまるで自分そこにいるかのようにバーチャルで楽しんできたのにいきなりこのルンナちゃんという犬が死んだのは私にとってもショックです。

ある日突然襲ってきた別れは乗り越えることができないのかもしれないと思ってしまいます。
ですがいつもの明るくて楽しい彼女に戻って欲しいとも思います。
難しいだろうなあ・・・。

ハーレーダビッドソン入門で書いた隣人のジムさんですが去年の2月に飼っていた犬が噛み傷だらけで敷地内で見つかりました。

その年は雨がたくさん降った年でした。
2月は雨季の真っ最中で私は
・ゴードンが生まれたばかりで
・手首を超複雑骨折して
療養中でした。

2月2日の朝、シャロイ(犬の名前)が雨漏りのする我が家へスパーキーとルルをたずねて遊びにきました。

私は手首の手術後でものすごい痛みを我慢しながらゴードンの面倒を見ていました。
シャロイが濡れていたので体を拭いてやっていえに入れるのが面倒で
「シャロイ、家に帰りなさい」
といって家に帰しました。

その日はたまたまジムさんが友人のお葬式に遠出をした日でそのあとシャロイを見た人はいませんでした。

ジムが家に帰ってきてもシャロイがいないので私に電話をかけてきてシャロイを見なかったか聞いてきたけれども私は
「朝見たけれどもそれからは見ていません。きっと大丈夫ですよ」なんてものすごい無責任な返事をしました。

シャロイはこれまでに1度も夜に帰ってこなかったことのない忠犬です。
その犬が帰ってきてないからジムは心配しているのに「きっと大丈夫」なんてよくいったものだと何度もそれを後悔しました。

翌日の朝早くジムさんの家のつづらおりになった道と道の間に血まみれで横たわっているシャロイが見つかりました。

私はそのあと1ヶ月くらい後悔で泣き暮らしました。
「あの時シャロイを家に入れてあげればよかった」
と何度考えたことか。

~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~


そんなわけで「突然の別れ」は人の人生を暗くすることができます。

ジムさんもたんぼさん(ルンナちゃんの飼い主)もおそらくものすごいダメージを受けたことだと思います。

以前このブログに書いたモンティパイソンですがケニーMさんモンティパイソンの記事を書いてくれてリンクもたくさん貼ってくれたので使わせてもらいます。

※モンティパイソンとは1970年代に活躍したイギリスのお笑いユニットです。
メンバーの一人がテレビのインタビューで「クリスマスに父親が死んだという連絡をもらったために家族にとってクリスマスが悲しい日になってしまった、それで人生を笑いで彩りたくてコメディアンを目指した」というような話しをしていました。つくづく良いメッセージだと思います。


これは彼らの有名な曲、Always look on the bright side of life (人生の明るい側面を見ようよ、というような意味です)です。

明るい側面はたくさんあります。
彼女は最高の飼い主です。
ルンナちゃんは世界で一番幸せな犬だったと思います。

私にとっての明るい側面は今は主人と仲良くなって子供も与えられたということだと思います。

もし主人が出征したときに主人が死んでしまったらどんな人生になっていたんだろうか?と考えると本当におそろしいですよ。

毎日を楽しく仲良く今を暮らすことがどんなに大切かと思わされる今日この頃です。
スポンサーサイト
23:44  |  感想  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

以前拾ってきた子猫が夜中に飛び跳ねたかと思ったらそのまま息絶えた現場を目撃して、生き物を飼うことはしません。
ましてや、わが子同然で飼ってる動物が、突然訳も無く死んでしまったらとっても悲しいですね。


朝けんかして送り出すと一日後味が悪いもんです。
判っていても顔を見ないで送り出すこともあります。
怒っていても出かけるときくらいは笑顔で・・・
難しいけど。
おばさん |  2007.11.08(木) 06:26 | URL |  【編集】

●りんごケーキ美味しそうじゃないですか♪

栗-ム(爆)も作ったんですね♪
ごろちゃんは気に入ってくれたのかしら?



たんぼさんのブログ、コメは残したこと無いですが、時々遊びに行ってました。
自分が居ない時に、しかもあんな状態で発見されるとどうしてもショックは大きくなってしまいますよね。
立ち直るには相当のエネルギーと時間がかかると思いますが、早くあの笑顔で戻って来て欲しいものです。

私のハム友さんにも最近立て続けにハムちゃんがお星様になられてとても大きいショックを受けています。
ハムちゃん達は寿命だったので仕方が無いのですが、とはいえそうそう簡単に気持ちが切り替えられるものではありませんよね。
私だって未だに色んな今まで飼って来た動物達を思い出しては涙しますから.....


utaさんは悪くないのですよ(^^)
ジムさんもそれは分かってくれているでしょうし。
また明日から楽しくやっていきましょう♪
ゆるさく |  2007.11.08(木) 06:36 | URL |  【編集】

おっ! 林檎ケーキ、ちゃんとアップしてくれましたね~。

写真で見る限りutaさんのケーキは、極めてアメリカ的。
おおらかで、よろしい。 Ъ( ´,_ゝ`)グッ!!!!
あずき |  2007.11.08(木) 07:47 | URL |  【編集】

リンクありがとうございます。

元気でいること笑顔でいられることを、それだけで喜べるようになったのは
年をとったからでしょうか?それともいろんな経験をしてその普通な毎日の
大事さがわかるようになったからでしょうか?
後者であって欲しいな・・と思います。

別れは本当に辛いですが、一緒にいる時間の思い出があるからその後も
がんばれるのかな・・とも思います。
私も以前の飼い犬での後悔を未だに引きずったりしますが・・・・。

「人生を笑いで彩りたい」ってすごくいいなあ~と。
一度の人生、時間なら、そうありたいですね。

ケニーM |  2007.11.08(木) 10:50 | URL |  【編集】

utaさんのご主人は軍人さんなんですか?
まだちょっとよくわからなかったんですが、危険と背中合わせなんですね。
出征を見送る時の気持ちを置き換えて考えてみると
想像しただけでも胸痛いです。utaさんはもっと辛いんだろうなぁ。
うちは普通のサラリーマンだけど、ふと、朝の出勤を見送った後、
事故にあって帰らぬ人になったらどうしようと考えることあります。
(そうゆ話しをすると「勝手に殺すな」って怒られますが)
でもそうならない可能性なんかないわけじゃないし、
だからやっぱりいつも優しく大事に思いやってなきゃ後悔するなって、私も思うんです。
それなのに、無意識のうちに「きっと大丈夫」って考えちゃうんですよね。
後悔しないためにも相手がダレであろうと思いやりって大切なんですよね。
私も言葉が足りなかったりとか、言い方が悪かったりとかで後悔しがちです。
改めて考えさせられました。
命あるものはいつかはお別れしなきゃいけないものだけど
でも悔いがないように、日々素直に、お互い楽しく生きましょうね。
bunchan |  2007.11.08(木) 10:56 | URL |  【編集】

ウチも一応軍事訓練があるので、いくら訓練と分かっていても、
最初の5ヶ月間は、やっぱり心配でしたねぇ。

まあ、今は済んで年に3週間だけの軍事訓練ですけどね。
やっぱりいい気持ちはしません。
utaさんの気持ち少し分かります。

リンゴケーキ、私もアメリカ風なんて思いましたw

ウチのワンコはもう13才半なので、日々覚悟はしていますけど。
突然っていうのは、何においても辛いなぁと思います。
mai |  2007.11.08(木) 11:49 | URL |  【編集】

リンゴケーキ
あめりかんな感じで好きです。マロンクリームもおいしそうです。帰国したおりには作ってください。昨日から血圧があがって、なんだかツライです。でも、働いている場合じゃない事態になってきました。ちびつまがどうやら不安定です。ほったらかしておけばーっていう具合じゃなくて、なんか気持ちが安定しないようです。それはかあちゃんのこころ具合にも原因があるのかもしれません。。。v-12
かっぱちゃん |  2007.11.08(木) 17:08 | URL |  【編集】

ごめん、utaちゃん。続きをちゃんと読んでいなくて、わけのわからないコメントをしました。
お許し下さい。
かっぱちゃん |  2007.11.08(木) 17:11 | URL |  【編集】

●リンゴケーキ!

いいやん!
そして栗のクリーム?思わずリンゴケーキの焼く前かと思った。。^^;;
失礼、美味しそうです!

ジムさんとこの犬やったのか。。。

突然の別れ怖いね。
けど、人も犬もきっと理由があって生まれて死んで行く気がする。
短くても、この世でやることは終わったのかも。
周りの人に何か伝えたのかも。

毎日を楽しく大切に!やね。
中々でけへんけどね。^^;;
coo |  2007.11.08(木) 17:32 | URL |  【編集】

●ありがとうなのです

うまく言葉で言えなかったことをutaさんが記事にしてくれて、
とてもありがたく思います。

ルンナちゃんにも、田尾たんぼさんにも、utaさんにも、ごろぞうさんにも
みんなに出会えて、感謝、感謝、感謝!
ほんとうにありがとう!
REON課長 |  2007.11.08(木) 18:06 | URL |  【編集】

≫utaさん
二千年前の中国の詩にあるとおりサヨナラだけが人生だけど、短い人生の間に幸せな出会いがあったことをむしろ奇蹟として感謝しないといけないのかもしれません。
喧嘩することもあれば、嫌なこともある。しかし、大事な人(や動物)と過ごせる時間がどれだけ貴重なものかと、改めて考えさせて頂きました。

追伸:ところで、船上生活のアドバイスありがとうございました。お礼がおくれちゃった。今度知人に会ったら、話すつもりです。
Mark+&+Ikuko |  2007.11.08(木) 18:07 | URL |  【編集】

アップルケーキおいしそうw
ひとつ送ってくださいな^^

<毎日を楽しく仲良く今を暮らすことがどんなに大切かと思わされる今日この頃です。
この言葉につきると思います。
「絶対」とか「永遠」はないのだから、今そばにいる子をいっぱい愛して、いっぱい抱きしめる、それが私の犬たちとの生活で学んだことです。
それでも後悔はつきないですが…。
たんぼさんには早く元気になって頂きたいです…。マシュウくんとエルザちゃんのためにも。そしてルンナちゃんのためにも。
かおり |  2007.11.08(木) 19:33 | URL |  【編集】

たんぼさんがどうやったら早く元気になってくれるか、色々考えたけど途方にくれるばかり。自分もしばらくは何してもらっても変わらなかったしなぁとか思って。でもマシュウ&エルザが居てくれてよかった。ラブ×2じゃ、元気にならざるを得ないよね。と、願います。。

ダーリンと仲良くなれてよかったね。アメリカからはたくさんの兵士さんが危ない国に行ってるけど、待っている家族は本当に辛いなと思う。。しかもいきなり出征が決まるんだよね。(涙)
うちは爆弾ボディなので、いつ死んでもおかしくないくらい思って結婚したんだけど、なんか全然丁重に扱ってないや。。ポタンばっかり大事にしちゃう。いかんです。。
クリコ |  2007.11.08(木) 20:48 | URL |  【編集】

私もルンナちゃん大好きでした。あまりにも突然すぎて言葉がみつかりません。

人もペットもいつ先立ってしまうのか私達にはわかるすべがないから、一緒に過ごせる今の一瞬一瞬を大切にしなくちゃいけないんだね。ルンナちゃんの死という悲しみを通してそういうことをあらためて教えられています。
maddi |  2007.11.08(木) 23:15 | URL |  【編集】

リンゴ完食!ごくろうさんでした^^
ケーキにマロンクリームなんて、めちゃめちゃウマそう!
おまけに、そのステーキがステキ~!?だじゃれ(≧▽≦)

ルンナちゃん、ワイヤーさんなんですね…
飼主さんは想像もつかないぐらいの悲しみと後悔に心を痛めているのでしょうね。
ルンナちゃんが天国で楽しく暮らしてくれることを祈るばかりです。。。
いつか必ずくるとは分かっているもののペットとの別れは耐え難いですね。
相手が喋れないだけに、幸せに楽しく暮らせたかどうか自問自答です。
自分がそんな時を迎えたら、あーしてあげればよかった、こーしてあげればよかった…っていっぱい後悔するんだろうなぁ~(ToT)
まつきち |  2007.11.09(金) 00:28 | URL |  【編集】

●コメントありがとうございます。お返事です。

★おばさんへ
家族同様の動物が突然死んだら本当に悲しいと思います。「突然」って難しいですね。病気を見守るのもつらいですが。

喧嘩しても出かけるときは笑顔で~って、難しいですね~。あと電話を切るときに怒っていたら「じゃあまたね」じゃなくって「わかった、ガチャン!」って一方的についきってしまいます。

★ゆるさくさんへ
栗~む、作りました。簡単でしたよ。ごろぞうはもりもり食べてくれたのでうれしかったです。
寿命をまっとうしても悲しいのに突然のお別れというのは本当につらいだろうなあと思います。自分を責めないって難しいですね。
しかもルンナもシャロイもとても大切にされていてシアワセだったし、残された人たちにはきっと幸せになって欲しいと思っているのにね。

★あずきさんへ
アメリカ的~、おおらか~、適当~すべて自分にあてはまってこわいです。
なんとか林檎は食べきりました。もう大人買いはしないぞ~と思いながらも安いとつい買ってしまうんですよね。

★ケニーMさんへ
例のモンティパイソンのメンバーはお父さんが死んだあとほとんど寄宿学校へいたらしいですね。かわいそうというかなんというか両親がいた私には想像できません。人に笑いを送るってすごいことだと思うんですがこんなつらい人生を歩んだ彼にできるなら私にも出来るはずと思います。DVD私も買おうかな・

★bunchanさんへ
そうなんですよ~、今は退役しましたがもとは軍人でした。しかも運がよくてイラクへ行ったあとすぐに退役が控えていたのでそれほど長い間いなくてすみました。私はもう30歳を超えていたからよかったようなものの、若い女性が子供と一緒に泣きながらご主人を送るのを見るのはつらかったです。
あの時本当に主人はいろいろなことがあったのにまったくそれを精神的にサポートしてあげれなくてむしろ追い詰めていたのが自分だと思うと申し訳ないです。とはいってもそのステージステージでいろいろ大変なことがあったのでしょうがなかったのだから~とあまり悩まないで今後は仲良くがんばりたいと思っています。

★maiさんへ
そうか~、軍事訓練!すごいね、志願するわけじゃないのにやらなくてはいけないというのは大変ですね。
>林檎ケーキがアメリカン・・・
私ね~、本当におおざっぱらしいです。昔はもうちょっと几帳面だったんですがね。

突然の別れって本当に大変そうです。

★かっぱちゃんへ
マロンクリームってサツマイモクリームみたいな味がします。今度サツマイモ買って食べたくなりました。
血圧、大丈夫?ストレスか何かですか?かっぱちゃんまじめだからね~。私のように不真面目というかおおざっぱな人間とかっぱちゃんを足して2で割れればいいのにね~とつくづく思います。
わけわからんコメントなんかじゃないですよ~。心配しないで。
私は自分がストレスをためたら子供がとばっちりをくらう(やたら怒りっぽくなってしまう)ことがわかったのでものすご~く自分に甘いです。難しいかもしれませんが自分にあま~くしてみたら?

★cooさんへ
>林檎ケーキの焼く前かと思った・・・
あっはっは~、本当は口金とか使って搾り出せばきれいにできるんだろうけれどもただケーキの横においてあるだけだもんね。

ジムさんも自分のことすごい責めていましたよ。あの日、連れて行けばよかったって。

犬はね、きっと短い命がなおさら短くなってしまって飼い主は本当にへこんでしまうんだとおもいます。
毎日楽しく大切には難しいです。でも難しいからもし楽しい1日が過ごせたらそれだけでも「ああ~、今日は楽しかった」っていえる日があったらいいと思います。

★REON課長さんへ
ルンナちゃんのおかげでREON課長さんの笑顔がみれるわけです。すばらしいことですよ~!感謝感謝。REON課長さんの今日の記事の笑顔と明るい記事で本当に救われました。

★Mark+&+Ikukoさんへ
本当に人生ってさよならばっかりですね。出征というものに出くわすと本当に人生観が変わるかもしれません。もちろんいつもいつも良い気分でさよならができなかったり電話を切るときにぶっきらぼうになったりしてしまうしいつもいつもGood Moodなわけではありませんが世の中そうそう目くじら立てて頭にくることもないしましてやいつまでもそれを根に持つのもあほらしいと思うようになるかもしれません。
船上生活志願の友人の方にGood Luckです。

★かおりさんへ
かおりさんのブログからはふぶきちゃんとタイガちゃんへの愛情があふれているのがよくわかります。家族ですよね~、本当に。その家族が突然死ぬってつらいだろうなあって思うんですよ。
昨日も今日も明日もふぶきちゃんとタイガちゃんとの一瞬一瞬を一生懸命大切にするかおりさんが眼に浮かびます。私もみならわなくては!

★クリコさんへ
私は「たんぼさん、元気にならないかも…だって、私がこんなに悲しいならたんぼさんの悲しみってはかりしれないなあ」と思いました。
本当にエルザとマシューがいてよかった。たんぼさん、一人じゃないもんね。
主人と仲良くなれて本当に良かったと思っています。どうせ一緒にいるなら仲良くがいいとはいえ、これは両方の努力が必要なので両方が同じ思いだったのでなんとかなりました。
クリ夫さんとクリコさんは仲がよさそう。ぽたんばっかり大事にしちゃうって、そりゃあ息子なんだからあたりまえです。

★maddiさんへ
突然でしたね~、本当に。私もたんぼさんに何もいえません。
一緒にすごせる時は短いからなおさら楽しくすごしたいですね。たんぼさんはあんなに自分の犬を大切にしていたからルンナは本当にシアワセだったと思います。
一緒に過ごせる今を大切に、と思ってもっと自分の家族や犬たちと遊んでやらねば!と思っています。

★まつきちさんへ
ルンナちゃんをみて初めてワイヤーフォックステリアという犬種を知りました。こんなかわいい犬がこの世にいるものかとびっくりしましたよ。ワイヤーフォックスの大ファンになってしまいました。そしてREON課長さん、アデルを知るようになったんですよ♪
>自分がそんな時を迎えたら、あーしてあげればよかった・・・
って、何をおっしゃるまつきちさん!アデルもアッシュも超~幸せ!じゃないですか。
犬と突然お別れしたらいろいろ後悔はすると思うんですが犬はきっと飼い主に幸せに楽しく暮らして欲しいと思っていると思うんですよね~。でも当事者だったらそうそう気持ちの切り替えはできないだろうなあ・・。
uta |  2007.11.09(金) 00:50 | URL |  【編集】

utaちゃん、旦那様と仲が悪かったなんて想像つかないよ・・・良かったね、今!
mimi |  2007.11.12(月) 21:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shierrafoothill.blog13.fc2.com/tb.php/192-b0c4c132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。