2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年11月17日(土)

薪ストーブ(または暖炉)のススメ

昨日の記事でもしかしたら誤解を生んでしまったかもしれないと思いましてはっきり書きます。

私、薪ストーブや暖炉の火、好きですよ。
この薪の燃えるにおいが私の家から見える小さな谷間にいっぱいになって我が家に流れてきて、そのにおいがすると「ああ、冬が来た」ってなんだかほっこりした気持ちになります。

しかもこの暖炉や薪ストーブは調理もできるし水を鉄瓶にでも入れてストーブの上に置けば加湿器にもなる優れものです。

家族みんなが火を囲んで集まる、そして食事を一緒にする、そんな感じがすきなんです。

dannro.jpg
プロパンガスのストーブ。なぜプロパンかというとうちのソーラーシステムでは電気ストーブは無理なのでガス。

我が家も今でこそプロパンヒーターがありますが以前はキャンプしていたようなものだったので冬になるとよく火をおこして焚き火をしたり鉄製のストーブに火をくべて一晩中燃やしておいたりしたものです。

この鉄製の薪ストーブはストーブのまわりに半径2mくらいの空間が必要です。
家が狭いので買うのを断念しましたがまたいつか広い家を建てれたら欲しいなあと思っています。

暖炉が大気汚染になると主張する方の考えもわかりますが、私なりに「なぜ暖炉が良い考えなのか?」という申し開きを考えてみました。

まずはmimiさんが「なんで古い木ばかりだとだめなの?」という質問をしてくださったので私なりにお答えします。


【More・・・】



「古い木ばかり」の古い木というのは死んでしまった木、あるいは死んでしまうだろう木のことです。

その木があるために他の木が生えない、内側が空洞になっていていつ倒れるかわからないのでキケンといったような弊害があります。

森が新しい木、中くらいに新しい木、中くらいに古い木、とっても古い木でできていたら古い木が朽ちても中くらいに古い木が十分に日陰を作ってくれたり良い景観を作ってくれたりして健康じゃないかな、と思います。

そしてこの古い木は薪にします。
そうすると再利用にもなって無駄がありません。
しかも他の燃料を使わなくていいのでエコです。

例えば我が家にはあまり高い木がありません。
20年前の火事で焼けてしまったので今あるみな20歳くらいです。

私の住む地域一帯にはとても醜いマンゼニーダという低木がたくさんにあります。
これは非常に乾燥に強いのでよく生えるようですがこの木がびっしり生えていると他のオークや杉、松、その他の木が生えにくくなります。

しかもマンゼニーダは乾燥していて火事になったらよく燃えます。

このマンゼニーダを切って太陽が入るようにしてあげると他の木が生えてくるようになります。
木は日がささないと育たないという良い例だと思います。

そして万が一火事になったときのために下草を刈るとともにある程度木を切っていくことが大切になります。
この木を薪にしているので無駄がなく、しかも火事を防いで一石二鳥になります。

というのが私なりの「なぜ暖炉が必要なのか」という主張です。

あと都会で大気汚染に対抗するために例えば週に一回は公共の交通機関で仕事へ通うとかそういうのもよいと思います。

「個人でエコロジー」を目指して日々いろいろ考えていますがこういアイデアはなかなか実行できないところがみそです。

9-25-05-2.jpg
これは妊娠中に薪割りをしているところです。

なんとまあ地味な話を根気よく読んでいただいてありがとうございました。
スポンサーサイト
17:56  |  開拓  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

またも、2記事UP! すごい、すごいよ!
私なんて毎日う~~~んと呻いてるというのに。
森はちゃんと手を入れてやらないと生きないんだよね。
入れ過ぎると弊害が出るんだけど・・・・。
人間がいないところでは動物や昆虫、それこそ木同士が手を入れてると思うし。
ってか、薪割りしてるutaさん、すごい!! 感動した~。
かなり太いよね、それ? コツを掴んでないとなかなか割れないのにー!
しかも妊娠中?! ホントにすごい・・・・・・。
私だったら、まず車を移動しておかないと。 だって、絶対失敗して飛ぶから! 笑
薪を作るのに被害甚大になっちゃう!
bonny |  2007.11.17(土) 02:33 | URL |  【編集】

●北海道の柳葉魚はうまかですw

何せ道産子ですけん(←どこの人間だ!?w)
北海道では刺身も食べれるところがありますよ♪(たしか道東)
見た目も味も違うので多分種類違いなんでしょう。


薪割りは難しいらしいですね。私は経験がありませんが.....
雪かきならよくやってましたけどw(屋根に上ってするんですよ♪)
祖母の家はガスストーブでした。周りを鉄柵で囲って使ってましたよ。
よくお餅を焼いてもらったりしてました。

今では暖房器具も殆どいらない土地に来てしまいましたが....w
まだまだ蝉がいます(爆)


↓↓そういえば、アメリカに限らず色んな国のプロデューサー達がよく日本のバラエティを視察に来ているようですよ。
ゆるさく |  2007.11.17(土) 03:16 | URL |  【編集】

utaさんのブログを拝見していると、大自然の中でワンやニャンと一緒に暮らすごろぞうちゃんは、本当の子供なんだなって思います。
って、書き方変ですね;;
えっとね、日本の子供とか見てると、あれだめ、これだめで制約ばっかりで、便利ということに慣れ過ぎていて、なんだかかわいそうだなぁと思うんですよね。
子供だけじゃなく、大人もですが…。
薪ストーブ、究極のエコなのに、やっぱり手間がかかるから消えていっちゃうんでしょうね…。
私、ロンドンに留学している時に、寮母さんが風邪ひいて大熱を出して、かわりに薪割りやりましたよ!!
うまくできないんですよね…。
飛ばす以前に割れないんだもん。斧が途中で止まっちゃうんだもん。
止まった斧取るの、すっごい大変なんだもん。

なんだか懐かしい思い出がよみがえってきましたw
かおり |  2007.11.17(土) 03:43 | URL |  【編集】

久々におじゃましたら、手は大丈夫そうだし、動くスパーキーやルルはほんとにかっこいいし、ゴロちゃんは元気そうだし!良かったです~~。やっぱりutaさんが元気じゃないと!
にしても・・・ほんとにうらやましいなあ・・・自然いっぱい。犬も猫も人も森も一緒に暮らせる生活・・・。そしてたくましく薪を割るutaさん!!!かっこいいなあ!

新潟の実家には薪ストーブがあるんですが、石油ストーブや電気の暖房にはない、家中があったかくなる暖かさがありますよね。そして、我が家も自分とこの山の木を切ってきて、薪にしてます。
utaさんがいうように、やっぱり山は手入れをしないと山の形を保てないから・・だと思います。
古い木は切って、薪にして・・・・。そうすることで、山も循環するんですよね。
でも、エコとかそういう感じじゃないんですよね~~ほんとに、田舎の暮らしですよ!笑。
ケニーM |  2007.11.17(土) 05:58 | URL |  【編集】

「プロパンガスストーブ」 て、こーゆーのか。
素敵やんか。

utaさん、この写真でみると、ホンマに体格ええなあ。
ちなみに身長どれくらい?
あ、体重は言わんでええよ。( ^,_ゝ^)ニコッ
あずき |  2007.11.17(土) 06:46 | URL |  【編集】

なるほど~そんな理由があったんですね。わかりました。ありがとうございます。
っていうか、utaちゃんスタイルいいじゃんか?!どこがデブなの?
あぁ、私だけだわ・・・・・・シクシクシク・・・・・・。
mimi |  2007.11.17(土) 07:06 | URL |  【編集】

マンゼニーダ、琵琶湖の魚ブルーギルやブラックバスみたいなんだね。

古い木、病気とかね、それはホント危ないよね。
薪ストーブ欲しいなぁ.....でも、ここでは集合住宅、賃貸だと無理です(T_T)
今の家には最上階にだけ暖炉が付いてるの、すごく羨ましい。

utaさんみたいな生活も憧れます←出来るかどうかは分かりませんが(ーー;)
mai |  2007.11.17(土) 08:17 | URL |  【編集】

●はじめまして♪

クリコさんのところから来ました!!雪です。

まき割りにストーブ
懐かしいです!

実は子供の頃 北海道に住んでしまして
家にペチカ(なんて説明したらいいかな?)なるものがありまして
ストーブのように火を燃やすところがあって
それから発生する熱を レンガの壁で作られた空洞に送り込んで
家の全室を暖めるもの。これでわかるかしら?

そのペチカを燃やす時に薪を使ったりしたので
親が薪を切るのを見ていたのを思い出しました。

妊娠中にもかかわらず すごい!
なんかたくましい母を連想してしまいました!
大地の母そのものですね(笑)
雪 |  2007.11.17(土) 08:30 | URL |  【編集】

お洒落なストーブですね!うちのなんて「THEストーブ!」って感じで
お洒落もへったくれもありません。w
たとえガスストーブでも、外観が違うと癒されますね。

妊婦で薪割りて!しかも、ごっつーデカい薪。w 
私も割ってみたいんですよ 薪。乳しぼりもしてみたい。
あ、いやウタさんのじゃなくてウシさんの。ぷっ
wanko |  2007.11.17(土) 09:05 | URL |  【編集】

 すごい不謹慎なコメントですいません。
 マンゼニーダって、性悪女の名前みたいですよね。ほら、リア王のゴナリルとかみたいに。

 o(〃^▽^〃)o「ママ・・・そんな乾燥しかないんでしゅか?」

 ムスコや、つっこんでくれてありがとう。
 しかも、あえて字を「感想」じゃなく「乾燥」にしたのね。

 o(〃^▽^〃)o「地味に、火事にひっかけてみたでしゅ」

 シリアスな話に、どうしてアタシたち親子は・・・
たがめ |  2007.11.17(土) 11:05 | URL |  【編集】

≫utaさん
うちの方にも生えてますよ。マンザニタ。確かに光沢のある赤茶の幹がちょっと不気味ですね。
妊娠中なのに、たくさん薪割りされたんだ~!大木一本分くらいはあるんではないでしょうか(笑
Mark+&+Ikuko |  2007.11.17(土) 19:28 | URL |  【編集】

●ふ~ん。

自然の中で暮らすって生きるための知識が増えていいな~。
現実はなかなかそこに飛び込めないけど。

ちょっとあこがれるけどね、暖炉のある家。^^
coo |  2007.11.17(土) 20:53 | URL |  【編集】

暖炉っていいねぇ
大きな家じゃ無いと無理だしね。

大変さは判らないけど、暖炉のある生活してみたいな。
おばさん |  2007.11.17(土) 22:00 | URL |  【編集】

utaさんのブログ、なんか勉強になるぞー♪
それにしても妊婦が薪割りて!? もちつきみたいに腕を振り上げないんだっけ?

薪ストーブや暖炉・・・ もうその単語だけで憧れます。毎年この時期になるとこたつやほっとカーペットも含め暖房器具が懐かしくて懐かしくて。(涙)

maddi |  2007.11.18(日) 01:06 | URL |  【編集】

●コメントのお返事です。ありがとうございます。

★bonnyさんへ
2記事アップしましたが今日はすごい短い記事になってしまいました(私的には最短記事かもしれません)。
薪割りね、意外と大変でびっくりしました。
私の土地にあるのは割と細い木ばかりなんですがこれは「木が家に近すぎて危ない&日が差さなくて困っているので切り倒したのでぜひ欲しい人は取りに来てください」という広報(みたいなやつ)に載っていた記事を頼りにもらいに行って来ました。
すごい立派な松の木(30mとか!)をたくさんいただいたので一生懸命使い安いサイズに割っているところです。

そう、よくご存知で!失敗すると木が飛びますよね~。ぴょーんって。

★ゆるさくさんへ
ええ~、刺身!?
道東というのはどういうところなんですか?いわゆる田舎なんでしょうか?
例えばカナダは東側がすごい田舎で西側が開けているんですがそんな感じ?
私たちが普段ししゃもとして食べているのはまったく別物だそうです。十分美味しいですが本物も食べてみたいですよね。
雪かきはやってみると本当に時間がかかって大変ですよね。
うちにもストーブの周りには鉄作があります。
セミて!

面白い番組は海を渡って世界中で放送される世の中になりましたね。
昔のお笑い、今見てもおもしろいですが今のお笑いは20年後に見てもおもしろいんでしょうかね。

★かおりさんへ
あれだめ、これだめはこちらの都会でもそうですよ~。
便利なのはうらやましいですが(ホントに)子供が一人で歩けない世の中は不便ですよね。私なんか小学校2年生のときからへーきで電車乗ってましたからね。
薪ストーブ、掃除が大変!家がホコリで大変です。掃除をたくさんしないとならなくなります。
かおりさんが薪割りしたんですか~!楽しかったですか?
そうそう、思いっきり振り下ろさないと割れないんですよね。

いつかどんな留学生活だったのか教えてくださいね。
私は林望さんの本の大ファンでイギリスの話を読んでさらにイギリスが好きになりました。

★ケニーMさんへ
お仕事ご苦労様~♪ご訪問ありがとうございます。

ケニーMさんの新潟の実家に遊びに行きたいくらいです(ずうずうしい~)。なんだか本当に薪ストーブを囲んで家族が団欒するあたたかそうなところですね。
そう、エコというか「家を暖めるために」薪をつくるんです。

★あずきさんへ
これが一番小さいモデルだったのでこれにしました。
小さくても家がすぐに暖かくなりますよね。
私は166cmくらいですよ。

★mimiさんへ
あ~、すごいおっきいです~。mimiさん、ガッカリしないで。絶対に私の方がおおきいから。ずっとお友達よ♪

★maiさんへ
琵琶湖にそんな凶暴な魚がいるとはびっくり。関西のこと何にもしらないなあ~。
集合住宅なんだ!maiさんの住んでいるところは都会なんですね。最上階に暖炉はお約束ですよね。てか最上階は暖炉だけじゃなくてきっとでかいバルコニーとかもあるのかな?

こういう生活と都会の生活を交互にするのが夢じゃあないですか。お金持ちの人は田舎と都会に家を持っていますよね。

★雪さんへ
いらっさいませ~、ご訪問ありがとうございます。
雪さん北海道に住んでいたんですか。こちらのコメンテーターの皆さんは割りと北海道にゆかりのある方が多いんです。
ペチカ、そんな仕組みになっているんですね。それ、我が家でも作ってみたいです。
北海道ってすごい奥が深い!寒いところだから昔からいろいろ工夫していたんでしょうね。

妊娠中はできるだけ動くように努力はしたんですがね~、それでも大きくなってしまってもとに戻りません。
薪割り、もっとしなきゃだめだったのかな~、と思っています。

★wankoさんへ
あら、の申し、wankoさんじゃないですか。

そう、アメリカ人はわざわざこんな見た目のストーブを好むんでしょうね。
でも私はキャンプファイヤーの火を見ているとなんだかほっとするというかずっと見ていたくなります。火ってなんか見ていてあきなくね?

ウシの乳搾りは北海道の方ができそうなものですが。

★たがめさんへ
そんなシリアスな話じゃないのでいいんですよ。
我が家の家訓は「面白ければそれでよい」ですから。一番面白い人が一番偉いんです。

言われてみればマンゼニーダって女の人の名前みたい。
リア王にゴナリルという女性がいるんですか?
日本だったらいじめにあいそうな名前。あるいはいじめをしていそうな名前。

★Mark+&+Ikukoさんへ
マンザニタ、あまり大きくはならないんですがとにかくすごい量!これを切って土地をきれいにするとだいぶ景観もよくなると思います。
あんなにたくさん生えていなかったらそれほどイヤではないと思うんですがとにかくすごい密生していて大変です。

↑のbonnyさんへのコメント返しに書きましたが最近はプロパンの暖炉が多いので「薪が欲しい人は取りに来てください」ということはよくあることです。それですごい立派なパインの木、2本分くらいもらってきました。買ったらすごい値段なのでうれしかったです。

★cooさんへ
私は本当はふつーにアパートに暮らしたかったです。そうすればこういう知識はいらないなあ。でも一度慣れてしまうともう住めば都。
どこにいても今が一番いいなあと思えればそれがいいと思います。

暖炉の火を見ているだけでうっとりうとうとしてしまいます。
空ちゃんは火大丈夫なのかな?

★おばさんへ
大きい家のほうが安全ですよ~。小さかったら本当にストーブで十分。
掃除がちょっと大変(ホコリが増える)ですよ。

★maddiさんへ
そう、あまり腕を振り上げなくてもいいんだけれどもやっぱり終わったら肩が痛くなります。

maddiさんは明日の今頃は走っているのかな?
がんばれ~、ホノルル!
いつかはホノルル行きたいなあ。

ハワイはそれほど冷えないのかな?暖房器具まったくいらないの?色付きの文字
uta |  2007.11.18(日) 02:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shierrafoothill.blog13.fc2.com/tb.php/202-1584ad65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。