2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年12月06日(土)

一時の気の迷い

お久しぶりになってしまいました。

私は2歳児と0歳児の母親にしてはかなり手抜きであると自負しております(あ、いばっている!)。

どのくらい手抜きかといいますとテレビは一日3~4時間は見るしPCだって2~3時間は開くしそれでいて睡眠を削るかといえば一日6時間から7時間は絶対に睡眠をとっているので「どんだけ手抜きなんだろう」と想像するだけでおそろしいです。

そんな風にPCを朝っぱらから開いている私を横目で見ているごろぞうはPCにさわりたくてさわりたくてしょうがないようです。

私はむかしっからビデオゲームが苦手です。

強いて言えばプレイステーション初期型で「Gran Turismo」を少したしなんだくらい。車の運転がすきなのでやってみましたが難しかったのですぐにイヤになってしまいました。

何が難しいって、ビデオゲームというのはゲームという要素に加えてゲームのなんていうんでしょうか、ハンドセット?!を巧みに動かせなくては勝てないというのが難しいのです。

ボードゲームとかトランプゲームとかもぐらたたきなんかはとても単純で楽しいのですがこのハンドセットのボタンに慣れるのに時間がかかるのです。

そういう御託はよいとして、主人はビデオゲームを時々たしなんでおります。

ごろぞうはそれを見るのが大好きで自分でもやりたくてやりたくてうずうずしているようだったので3歳くらいの子供ができるゲーム機があるんだろうかと検索してみました。

で、なんとまあ3歳からのコンピューターゲームというのをいくつか見つけることができました。

ここで「ええ?!3歳児にビデオゲームをやらせるなんてとんでもない母親!」と思う方もいらっしゃるかもしれないので説明しておきますが・・・

上にも書いたように私は
インベーダーゲームも
ファミコンも
プレイステーションも
ゲームキューブも
コンピューターゲームも

ともかくなんでもまったく「はまる」ということがまったく無かったのでビデオゲームをしてコンピューターの類に慣れ親しんでくれればコレ幸い、くらいに思っているんです。

友人に「ドラゴンクエストが俺の人生を変えた」(ドラクエばっかりやっていて受験に失敗したそうな)という人がいますがその反対に「最初はビデオゲームが好きでゲームをしていたがそのうちにコンピューターに興味が出てきて情報工学科に進学した」なんて言う人も結構回りにいます。

ともあれ、私はただ単に「ごろぞうが楽しく遊んでコンピューターに興味を持ってくれればいいなあ」くらいの軽い気持ちでした。

すこしリサーチして私はいわゆるペンパッド(ペンタブの小さい簡易版のようなもの)と画面の人を上下左右に動かすスティックとボタンひとつという大変シンプルなものを購入してみました(もーほんとに親ばか)。

「Wiiのほうが面白いんじゃないかなあ」と思ったのですが何しろWiiは高いのでちょっと手が出ません。

ソフトは別に購入することもできたんですがひとつついてきたのでとりあえずそれを使ってごろぞうに遊ばせて見ました。

最初、ごろぞうはもう大興奮でうれしがってジョイスティックを操作していました。

それでまずひとつ気がついたのがごろぞうはまだまだ「画面を見ながら」「ジョイスティックを操作する」という2つの作業をいっぺんにできないということ。

ま、これは訓練すればできるようになるので良いとして何が失敗かというとこのソフトウエア。

教育ゲーム
とうたってあったんですがこれがどうも面白くない。

しばらくするとごろぞうもおもしろくなくなってしまったようでゲームを止めてしまいました。

ゲームをしながら楽しくアルファベットや数字を覚えることができるうんたらかんたらというのですがこんな面白くないもの、いくら3歳児だってやらないよな、と思ったのでした。

私は最初からゲームを探していたのであって別に教育がどうのこうのというのは期待していませんでしたが子供用のコンピューターゲームというのはどれもすべて「教育」というようなうたいもんくがついていたのでとりあえず買っては見たもののゲームとしても面白くもないし教育という意味でもこんなにつまらなかったらまず続かないだろうという結論に達しました。

そんなわけで申し訳なかったけれども返品をしました。

そしてこの記事を書いている間に「まあまだまだコンピューターなんてごろぞうにはいらないよね」とつくづく思ったのでした。
スポンサーサイト
08:14  |  感想  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

3才児も4才児も、まだルールってゆーものを理解してませんからね(笑)
遊びなのか、勉強なのかハッキリしろ!ってもんです。ハイ。
ウチはワタクシもオットもゲームは全然しないです。
ワタクシなんて、人生でゲーム機にさわったことがナイ!と言い切っていいほどです。
確かに、ちょっとくらいできたほうが、楽しいかも、とも思いますネ
知り合いに、この世にロールプレイングゲームを生み出した人がいるんだけどねぇ・・・
Josh&Kai'sMum |  2008.12.05(金) 23:18 | URL |  【編集】

ゲームをやるというかゲームが好きな人たちのコントローラーやキーボードの操作を見ているとげーじゅつ的とまで思えてきてしまいます。ああいう操作ができる人は他のことも器用にできるんじゃないかとなんとなく思えてくるんです。自分にはできないしPCおんちなので子供は適当にPCSavvyになってほしい!という親ばか心でした。
ロールプレイングゲームを生み出した人?!脳みそがどういう構造になっているんでしょうかね~。やっぱり天才肌なんでしょうか?
uta |  2008.12.07(日) 03:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shierrafoothill.blog13.fc2.com/tb.php/321-e9d878de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。