2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年08月22日(土)

かみ合わない夫婦

-記事の訂正-

前前回?に砂遊び道具が売っていないのを「新しく幼稚園児になる子供の必須持ち物だから」というようなことを書きましたが私の英語聞き取り能力の無さを思い知らされました。

これをお母さん友達(子供が幼稚園生)に話したら「ちがうよ。その店員は『砂遊び道具は夏の季節モノのコーナーにあったけれども季節モノコーナーは今は新学期用品に変わったからないよ』って言っていたんだと思う」という鋭いつっこみが入りました。ああ~納得。

というわけで訂正終わり~。

先日の週末「今日は暑くなりそうだからサンフランシスコに行ってみんなでサイクリングしようか」なんて話になりました。
(↑サンフランシスコは海からの風で夏も大体涼しいです)

湾に吹く冷たいさわやかな風・・・うつくしー風景・・・誰がこの後に起こる悲劇を予想できたでしょうか?!

私はほんの30分くらい湾の周りを走って屋台でカニとか食べて帰ってくるつもりだったんですよ。
(バックグラウンドの橋、ごーるでんげーとぶりっじがどのくらい遠くにあるかに注目)

写真はクリックすると大きくなりますよ~
bike2.jpg

私は「橋の手前あたりでユーターンして返って来ようよ」みたいなことを言っていたような気がするんですよ。
それなのに橋の手前で止まって待っていた私を追い越して橋へ向かっていく主人。「え?え?橋、渡る?!ここでターンするって・・・」と叫ぶ私・・・その声は海峡を吹く風に無残にもかき消されていったのでした。


DSCN1075.jpg


しょうがなく私も橋を渡り始めたんですが橋の歩道が観光客でめちゃ混み。
私は「橋渡るなんていっていないのに勝手にどんどん行っちゃって~許せん!」とかぷんぷんしていたんですがなにしろ歩道が狭いわ人がひしめき合っていて危ないわで神経が擦り切れそうになっているうちに怒っているような余裕がまったくなくなってきました。

何とかしてフェリー乗り場に到着。
対岸からはフェリーで帰ってきたんですが・・・フェリー降りたところから車を止めたところまでまた1時間くらいでした。

DSCN1076.jpg



DSCN1087.jpg

0歳児と3歳児を含む家族のサイクリングがフェリーでの休憩30分込みで4時間半って・・・

つ、疲れました。

もうあまりにも疲れて文句もいえなくなったのですがただ一言「ちょっと大変だった」と言ったら・・・

「橋があんなに混んでいるとは思わなかった(そこ?!)」

って言われました。

主人(典型的アメリカ人)の「ちょっとそこまで行ってくる(最低でも16キロくらい)」とか「すぐ行くよ(30分)」とか慣れたつもりでしたがまだまだ修行が足りないようです。
スポンサーサイト
19:06  |  家族  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●お疲れ様!

私も田舎育ちの友達にしばらく走ったら曲がってと言われ、私と田舎育ちの友達の間に感覚の差があってえらい道に迷ったことがあるよ。

私のしばらく走る(車)というのは10分くらいの感覚で、友達は30分でした。
大阪で30分も走ったらよその県もしくは隣の市に行ってまうし。^^;;
お陰で高野山を山越えしましたとさ。
coo |  2009.08.22(土) 18:04 | URL |  【編集】

アハハ・・・・・
でも、ごろちゃんてチェスくんは、ごきげんだねぇ~~
ま、そこのところに免じて・・・・
ワタクシなら許せん!!(笑)
つか、4時間走れましぇん
Josh&Kai'sMum |  2009.08.23(日) 04:25 | URL |  【編集】

●違い

うちの夫は日本人ですけど、「すぐやる」は数時間のこともあります。
でも、やってもらう方の「すぐ」は秒単位なんじゃないかと思います。(○`¨´○)ぶー

4時間、お疲れさまでした・・・。

この、子ども用二人乗りのカートいいですね!


ピカ |  2009.08.23(日) 05:16 | URL |  【編集】

うっわ・・・
( ̄▽ ̄;)無理。

無理だよその感覚には慣れられない。
根っからジャパニーズざます。
タガメ |  2009.08.23(日) 09:33 | URL |  【編集】

●コメントありがとうございます。お返事です。

★cooさんへ
本当にその通り。お友達とcooさんみたいな感じですよ。
高野山越えたんですか。冬は雪が降ると聞いています。なんだか行けども行けどもたどり着かないそのときのcooさんの心境を考えると心細くなりそうです。
そういえばスイス人の友人に「ロサンジェルスに車で9時間かかる」といったら「スイスで9時間運転したら隣の隣の国に行ってしまうかも」といっていました。所変われば~です。

★Josh&Kai'sMumさんへ
子供が泣いていたら大変だけれどもまったく繊細さのない子供たちなので助かりました。走らないと帰れないという極限の状況だったので4時間走りましたが街中だったらバスに自転車積んで帰ります。

★ピカさんへ
あはは~、うちの主人も「すぐやる」がなかなか・・・でもこれは人のことをいえないので黙っておきます(でもすぐできないなら後で~って言えばいいのに~と思います)。この2人のり車はこちらでは一般的です(道がひろいからね)。最近は自転車に日本式の子供の椅子が普及してきていますがこちらの自転車は町乗り用でもまたのところのバーが結構上にあってまたぐのが大変なのとこれだと下に重心がないので子供を乗せたらものすごいバランスが悪くて危なっかしいです。こんな感じ
http://www.livingincomfort.com/php/ProductPictureShow.php?sitekey=lic&product_id=69886&t=1862957157

★タガメさんへ
こちらへ引っ越して最初の2年くらいはこのだらだらした感覚(例えば仕事場で、みんな遅刻寸前で会社に来るとか銀行ですごい待たされるとか)に耐えられないのですが朱に交われば赤くなる、で私もだんだんと待ち合わせをすれば必ず人を待たせるというようにはなってきました。日本に帰省すると自分が本当にだらしなく感じます。これじゃあだめだあ~。
みんなのんびりしていていいなあとは思います。コレでよく国がやっていけるなあと感心します。
uta |  2009.08.24(月) 23:57 | URL |  【編集】

今更コメントですが・・・家族でサイクリング!
それも子供用のカート付けて!カッコイイヨ~!うらやましいよ~!
写真に写っている自転車はutaさんの??
と、へろへろだったutaさんには本当に申し訳ないのですが、ものすご~~くうらやましいですよ~~。笑。
空も青いし、ゴロちゃんもチェスくんもいい笑顔!
(二人、そっくりになってきましたね!)

ちなみに、私の父も「ちょっとドライブ行こう~」といって、長野や山形に行ってしまう人でしたねえ・・(新潟時代の話ですよ。苦笑)。
おかげで、いつも母と車の中で喧嘩。
どんどん遠くに行こうとする父と止める母。
utaさんのご主人の話・・・笑えませんです。
ケニーM |  2009.08.28(金) 07:22 | URL |  【編集】

●ケニーMさんへ

お父さんもそうなんだ!もはやコレは国民性とかではなくて性格なんだなんと思います。お母さん大変だったね~。でもね、そういう人がいると今まで知らなかったところを見れたり意外に楽しむことができたり新しい発見があって新鮮には新鮮なんだよね~。自分では自分のリミットを越えようとは思わないんだけれども人がいるから超えることのできるリミットもあるしね。ただ・・・ときどき大変っていうことです。おかあさんもそういっていませんでした?!
uta |  2009.08.28(金) 11:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shierrafoothill.blog13.fc2.com/tb.php/345-b4ed963e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。