2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月13日(日)

the day gordon came to us

ゴードンが産まれた日のことは忘れられません。私はとっても不安だったのですが主人が一緒にいてくれました。午後4時ごろに陣痛が始まって病院へ電話をしたところ陣痛が5分間隔になったら病院へくるように言われました。6時に5分間隔になったので6時半に病院へ入って10時になるまでぐうぐう寝ていました。主人が一緒にいてくれました。10時くらいから痛みが激しくなって注射を一本してもらって(リラックスできる注射)11時半くらいからいきみはじめて1時55分にゴードンが産まれました。
私はいつも貧乏だったので子供を産むことにとても否定的でネガティブなイメージを持っていました。子供を産めばもっと貧乏になる。働けなくなる。そんな感じです。だから32のときにいろいろな事情から主人と別居をすることになった時に初めて子供がほしいと思ったときにはびっくりしました。状況は厳しかったのですが子供がほしい、主人との間に子供がいたらよかったのにと真剣に思いました。そのあと主人と一緒に住むことができるようになり妊娠したときは本当にうれしかったです。妊娠中も子供ができてからもいろいろありましたがあの日、ゴードンが産まれたのはたくさんの奇跡があったからで、本当に贈り物だったなあとつくづく今でも思います。家族が一緒にいろいろ妥協しながらどうしたら仲良く楽しくなれるだろうかと悩みつつ毎日を過ごしていくということがとても幸運なことだと感じます。思い通りには行かない人生ですが忍耐をもっと増やしていけばきっとそれほどつらくはないのだろうなあと思います。36歳ですがきっとこれから得るもののほうがこれまでに得たものよりももっと大きくなるような気がします。これまで何もしてこなかったような気さえしてしまいます。これからにわくわくしています。まずはもう一人子供ができたらいいなあと思っています。ゴーちゃんがくれたものはたくさんありますが一番のよかったことは私の心が開かれたことだと思います。悪いことやできないことに目を向けるのではなく、すでに与えられているものやこれからできることに目を向けることができるようになりました。人によっては子供ができなくてもそれができる人もいます。すばらしいと思います。ゴードンにもそういう人になってほしいと思います。私も人に元気を分けることのできる人になりたいです。
スポンサーサイト
14:22  |  家族  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●子供ってすごいよね

子育てっていうけど、子供が親を育ててくれるんだよね。と、最近本当にそう思います。
子供と一緒に成長急いて行けたらいいけど、子供から教えられることの方が多い日々です。

私ももう一人欲しいけど、経済的なこと考えると、止まってしまいます。
えすてる |  2007.05.15(火) 20:00 | URL |  【編集】

そうなんだよね、やっぱり経済的にいろいろあるよね。こちらでは自分の子供が大きくなってから(高校生または社会人)あら、できちゃった!とかアダプションしたりする人が結構います。だから今じゃなくてもまたできるかもしれないよ。それより本当に体調が悪そうだね。お祈りしてるよ。
uta |  2007.05.15(火) 20:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。