2017年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015年08月23日(日)

3年ぶりの日本

3年ぶりの日本、2ヶ月滞在しました。
滞在と散財は韻を踏むんだな・・・というか、散財する気がなくても散財してしまうというアウエイの法則(今自分で作りました)が作用して最初の3週間で持っていったお金ほとんどなくなっちまいました。

「子供が大きくなって退職したら旦那と日本の田舎に住む」、と決めてはあります。
が、それまでの間こうやって帰国するたびに「あーー、日本に住みたい!」とも思うしあの「休みの日にどっか行こうとするとありえないくらい人が多い」現象も耐え難いとも思うし、ですね。
いや、まてよ?!私、静岡にいる限りはそうは思わないんだった。今回東京に何回か行って衝撃的なことが幾つかあったのだ。

東京の人はあたりまえ~と思っているのかもしれませんが・・・

お台場のこども未来館でもIKEAでもどこでも「まず席をゲットしておいてそれから食事を買いに行く」というのにめっちゃめっちゃ疲れたのだ!!!何故疲れるか!?だって、ご飯食べるのが終わりそうな家族のテーブルの横で待ち構えて席ゲットするんだよ!?そして食事を買うのに並ぶ並ぶ!!!子供が騒ぐ騒ぐ!できまへん。座っている人を恨めしそうにみる自分の心の余裕の無さがすごく嫌でした。

そして東京の博物館や水族館のやすさに喜んでいたのですがプールとか高くてびっくりした。
立川というところに(ちなみに立川は私の大好きな漫画家が住んでいるらしい)「昭和記念公園」という国立公園があったのだけれども、駐車に820円、プール使用料に2300円かかったのにもうぶっ飛びました。

コンビニのコーヒーが美味しすぎてスターバックスの存在意義がどうしても見えないとか(笑)そんなこんなで今は帰ってきて毎日朝3時まで目がさえて眠れなくて朝10時おきというこの現実をどうやって水曜日までに解消しようか模索中です。

しゅぜんじ
修善寺というところに独鈷の湯(とっこのゆ)という足湯があります。私が若い頃は無料の混浴場でした。足湯でよかった。その隣のお茶屋さんで飲んだ抹茶。

とっこのゆ
で、独鈷の湯。

竹林
竹林を歩きました。

もうちょっと頑張ってブログやりたい~~!(と、3年くらい前から言っています)
スポンサーサイト
22:21  |  家族  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

滞在と散財、上手い表現ですね~。実際そのとおりだし。私もたまには日本に帰ろうかな、と思いながら、「散財」を考えると二の足を踏んでしまって、かれこれ15年。
今じゃカナダの密度に慣れきってしまって、ダウンタウンにたまに行くと、すげぇ人ゴミだーと思ってしまう田舎者です。

utaさん一家は、子供さんがもうちょっと大きくなったら楽しむユトリができるよね。それまで忍の一字ですよ。
Purdy |  2015.08.25(火) 18:34 | URL |  【編集】

日本並びすぎやろ?
私もムリ(笑)

東京の駐車場代って半端なく高いらしいね。
東京もムリやわ(笑)
coo |  2015.08.30(日) 03:34 | URL |  【編集】

帰ってたんやねぇ
そりゃね、日本と一口に言うけど、関西と関東なんて日帰りするとこちゃうから、そう簡単には来られへんよね
いつかまた、会えたらいいな♪♪
Mumちゃん |  2015.09.03(木) 04:49 | URL |  【編集】

ご無沙汰してますー!
日本帰っていたんですねー
抹茶と羊羹おいしそう・・・・
そしてなんて風情のある場所でしょうか・・・

日本にいるのにー
行きたいところが日本にあるのにー
なかなか行けない・・・悲しい・・・
りえっぺ。 |  2015.09.04(金) 18:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shierrafoothill.blog13.fc2.com/tb.php/476-18eb5184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。