2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年08月15日(土)

またまた良いことめじろおし

昨日はチェス君の1歳の誕生日。

カップケーキひとつ焼くのにドラマがありすぎる、そんなおなかいっぱいな一日でした。

ことの始まりは砂場遊びセット。おもちゃやでよくある500円出せばバケツとかしゃべるとかついてくるようなやつですよ。

これを先週からずっと探していたんですがどこへ行っても

みつから無い。

3~4件くらい回って親切な店員さんが「ああ~、新しく小学生になる子供の必須携帯品なので

どこでも品切れだと思うよ」

と教えてくれました。

知っていたらこんな店のはしごしなかったのに・・・

そんなわけで忙しくてチェス君の誕生日が13日とわかっていたのに、しかもたくさん店に行く機会はあったのにもかかわらずローソクも買っていませんでした。

昨日は暑い日になる!とわかっていたので「朝一番でケーキを焼かないと」と考えていました。

が、チェス君にご飯食べさせたりとぐずぐずしているうちにいつのまにやら9時。そして気温は上がっていく・・・

「け、ケーキじゃなくたっていいじゃないか。カップケーキにしよう!そうすれば焼く時間が半分で済む!」と思ったらそういえばカップケーキ用の型は引越しで捨ててきたんだ・・・ということに気がつく。

「と、隣の人に聞いてみよう」と隣へ赴き玄関ベルを「ピンポーン」と押しても出てこない。車が家のまん前の敷地内に止めてあるけれども出てこない

居留守もこうおおっぴらだと気持ちがいいね~なんて思いながら塀向こうの日本人の家族に電話を書けたら留守電につながったので「お盆中だから帰国しているのかな~?」と思いつつ「朝から申し訳ありませんがもしあったらカップケーキ用の型を貸してください」というメッセージを残しました。

カップケーキ型がないんじゃあやっぱりケーキを焼かなくてはいけないだろうか?ケーキじゃあ焼くのに1時間かかる~・・・。

と、何とかして買い物に行かなくてもいい方向でがんばっていたら気がついたんですよ。

昨日の夜、なんとかケーキ1個作るくらいは残っていた牛乳が・・・牛乳が・・・・

だんなに飲まれてしまっていた。○| ̄|_

わかっています、もっと買っておけばよかったんです。でもね~何度も「頼むからちょっとでいいから子供の朝ごはんのために牛乳残しておいてね」といっているのに聞いてもらえない。これは今までに離婚騒動になりそうな喧嘩理由のひとつ(く、くだらない・・・)。

結局買い物に行かなくてはならなくなり急いで寝ていた上の子供を起こしてスーパーへ。

ローソク(ローソクって書くとなんか仏壇用ローソクだよね。キャンドルというべきか?!)とカップケーキ型と牛乳を買って10分以内に買い物終了(←アメリカでこのスピードはF1でいったらフェラーリのシューマッハ)。

そして帰宅したら留守番電話にはものすごいふゆかいそ~な声で「うちにはカップケーキ型ありませんから、あしからず」なメッセージが残っていたのでした(買い物行ってよかった)。

その時点で時計は10時。気温はすでに75度超えていたのでとりあえずケーキを焼くのは断念。

それにしてもたかがカップケーキ作るのにドラマがありすぎ。

そういえば犬も洗った。
DSCN1142.jpg
クリックすると大きくなります

↓Read moreに写真あります~
03:35  |  家族  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2009年07月15日(水)

れ つ~る ど ふら~んせ

我が家は「にわかツールファン」になっております。

ランスアームストロングさんも復活して盛り上がっているツールです。
余談ですが私が2月まで住んでいた超田舎町では毎年父の日に自転車レースがあるのですが今年に限ってなんと!ランスアームストロングが出場して優勝したそうな。
引越しもうちょっと待てばよかった(笑)。

我が家には今年からケーブルテレビ契約によってテレビの録画が大変便利になりまして録画してツールのダイジェスト版を見るということができるようになった、というのが大きな理由です。

それにしてもツールのチーム編成というのは不思議です。
※それほど詳しくないので間違っていたら教えてくれるのはうれしいですが怒らないでください。

確か国別っぽいチーム編成なんだけれどもチームの中味は結構いんたーなしょなるです。

アメリカ人が少ない!もっとアメリカ人が出たら応援のしがいがあるかも。

主人は家に帰ってきては真っ先に録画を見る生活に浸っています。

そこで親ばか夫婦はこういう会話をしたわけです。

主人「子供が大きくなったら自転車選手になってツールに連れて行ってもらいたい」
私「優秀な自転車選手って欧州じゃあすごい名誉なことらしいけどさああんな大変なスポーツ、ちょっとねえ。選手生命が短そう。だったらゴルフとかがいいと思う。なんていっても選手生命長いしね。1番にならなくても10番以内に入れば結構賞金がいいみたいだし」
主人「いや、自転車だ」
私「ええ~、そうかなあ~。ほら、スケートボードプロとかかっこいいじゃん。」
主人「自転車がいいんだ!」

って、こんなおばかな会話をしながらツールを見ている最近です。

本当に親ばかにつける薬はない、と痛感。
08:47  |  家族  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2009年07月13日(月)

7月第2日曜日

ご無沙汰しております。
私は怠け者なので特に家事をがんばってやっていたとか子育てに全力投球していたわけではないのですがともかく時間の使い方がへたっぴーでしてブログをかなり放置してしまいました。

週一回でもいいからアップしていきたいです。

goro.jpg

気がつけばチェスタ君は明日で11ヶ月、あと1ヶ月で1歳です。

あっ!

というまでした。

ゴーちゃんの時もそうだったんですが私はともかくすぐに物を忘れるたちなのでチェスタ君をどんな風に育てたかあんまり覚えていません。

日記とかつけておけばよかった・・・。

さて3月にさんふらんしすこから1時間ほど南へ下った町へ引っ越したのですが大変快適です。

今までのように
「スーパーまで片道20km」とか
「1週間雨が降りっぱなしだからソーラー電気で動いているポンプが動かないから井戸からタンクへ水がくみ上げれない、タンクの中の水が足りないから節水」とか
「雨ばっかり降ってソーラー発電ができないから発電機を回さなきゃならないけれどもガソリン買い置きを忘れたから節電」とか
ないですし日本のお店は歩いて5分だし石を投げれば日本人に当たるし(ちなみに塀をはさんだお隣さんは日本人)ともかく住み易いです。

人間は無いものねだりでしてこうなってしまうと山の生活が懐かしいです。

なんて思っていたら来年にはまた田舎に住むことになりそうです。

というのは私の住んでいる場所は大変地価が高いので(値段が暴落したといいつつも近所の売り家はみんな$750,000以上)とてもじゃないですが買えないのでここから1時間くらい南西に行った田舎に家を探すことになっています。

スパーキーとルルは元気です。

ches1.jpg

ゴーちゃんは一歳の時に体重が16ポンドくらいだったのですが(1ポンド2.2kg)チェス君は今この時点で20ポンド超えています。

主人は新しい職場でがんばっております。同僚と上司に恵まれて楽しく仕事をしているようです。

私はといえば・・・

2週間ほど前に家族全員がすごい風邪を引きました。

子供は熱が39度でていてものすごい機嫌が悪くてどうにもならなかったので病院へ行ったら中耳炎と診断されて主人も会社を3日休むという中、私は「肺炎」と診断されました。

子供も自分も「たかが風邪」と思って4日も我慢しないでさっさと病院へ行くべきだったなあと思います。

肺炎は大変つらかったです。良い薬があって治りましたが病気であんなに辛かったのは久しぶりでした。

これから何とか週に一回くらいブログをアップできたらいいなあ~と思っています。
それではまた!
10:32  |  家族  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2008年09月26日(金)

お詫びと訂正と今日の記事

サンフランシスコ空港は一応電車で行くことができます。

この「一応」は・・・つまり日本の公共交通機関のような便利さはありませんが電車は通っていますという意味です。

そして空港駅に到着するとそこには「トラム」という駐車場やこの駅から空港内に乗り入れる乗り物があります。

電車みたいなものです。

それでですね、このトラムと言う乗り物、ここでなんと呼ばれているかといいますと・・・

AIRTRAIN(エアトレイン)だって・・・。

エアトレイン、存在しました。

地面(高架ですが)を走りますがエアトレインだそうです。

母は正しかった(詳しくは前回↓の記事を見てください)。

~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~ ~※~


昨日母をサンフランシスコ空港に送ってきました。

昨日の我が家はひっそりと寂しい夜を送りました。

長いようで短い3週間が終わったのです。

私は母が大変すきなのですが普段実家に行くと必ず喧嘩ばかりで母をガッカリさせます。

私は2人の姉と弟の間に生まれて甘やかされたので大変わがままです。

自己主張が強くてきついのでやさしくてゆる~い母にがみがみ言ってしまうのです。

今回も最初はそうだったんですがだんだんとうまくいくようになって、本当に良いときを過ごすことができました。

実は主人はまたもや出張していました(明日帰宅予定です)。

そんなわけでこの3週間は母と2人きり(子供はいましたが)で過ごしました。

本当に楽しくて楽しくてなんだかずっとこのときが続いてくれればいいのに~と思いながら過ごした3週間です。

こんな経験はこれからそうはないことだろうと思うとなおさら今回の母の訪問が楽しくてよい思い出であったと同時に母の帰国がさみしくてしょうがありません。

また来てね~、そしてチェス君とごろちゃんのこと忘れないでね、おかあさん!!
03:07  |  家族  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008年09月17日(水)

ムスコの英才教育について

前回の記事の補足、というか私信です。

おかーさん、アメリカではたらこやめんたいこもあんまり普通のスーパーでは売っていません。

日本のお店か韓国系のお店へ行って探すことをお勧めします。

さて、

こうやってなんとはなしに母を茶化しているように思われがちな私ですが、私がひそかに母のことを「すごい」と思っていることがあります。

それは

母の英語力が日々進化している!! ということです。

「言葉がおぼえられないわ~、やっぱりやる気がないのよね~」なんていいながらもムスコが言う言葉をオウム返ししながら確実に語彙が増えているのです。

例えば、ですね。

私が母に赤ちゃんを任せて買い物して帰ってきたら母の隣に座っていた女性が

「4週間にしてはとってもしっかりしている赤ちゃんね~。かわいいわ~」と言って立ち去っていきました。

そして母が

「生まれてどのくらいたつのか聞かれたんだけれども英語がわからないから『スリーテン(3、10?!)』って答えておいたわ」


って言うんですよ。

す、すごい!!ようするに「さんじゅう」をそのまんま言ったわけですが相手の人、わかっているじゃん!!ってやつですよ。

「お母さん、相手の言っていることわかったの?」と聞いたら
「なんかそんなこと聞かれているのかな、って思ったの。赤ちゃんがいたら大体みんな聞くことなんて同じだと思って。」

こんなことが何回かあったので母を見直しつつある今日この頃です。

母の英語力がムスコによって向上しているならば息子の日本語力も進化の一途をたどっているわけです。

最近覚えた語彙はこんな感じ↓

こうこうこう(おばあちゃんが「こう(して)こう(して)こう(やって)」と言うので)
よいしょ
よっこいしょ
どうぞ~
だめ(これは私から)
ほうら
さあ!
あ~、そう~

ゴードン、母に出遅れているぞ!もうちょっとがんばってくれ。

sparky.jpg 「よいしょ」の使用頻度かなり高いですよ
06:38  |  家族  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。